FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2014.10.20 (Mon)

叩けばホコリが出るゾ

社会福祉法人豊寿会  
理事長 豊田雅孝
平成7年3月 社会福祉法人認可
http://www.houjyukai.jp/

法人の沿革
社会福祉法人豊寿会は平成7年に特別養護老人ホームを設置運営するために、設立発起人であった学校法人豊田学園元理事長豊田弘氏によって設立された社会福祉法人です。
その後、平成8年に岐阜市内に特別養護老人ホームサンライフ彦坂、ケアハウスサンライフ彦坂、老人デイサービスセンターサンライフ彦坂を開設し、法人設立10周年となった平成18年に羽島市内に身体障害者療護施設あいそら羽島、身体障害者通所授産施設グッドジョブ羽島を開設、そして平成19年に岐阜市内に母子生活支援施設を開設しました。また、平成13年6月に豊田雅孝が理事長に就任して、現在に至ります。

当法人は誠実と笑顔で社会に貢献を基本理念として、総合的な福祉事業を展開する社会福祉法人の責務を果たしながら、地域社会に根ざし開かれた施設運営に取り組んでいます。



岐阜の社会福祉法人理事長が私的流用 職員使って自宅修繕

岐阜市の社会福祉法人「豊寿会」の男性理事長(51)が、60代の男性職員に2011年から12年にかけて自宅を修繕させ、その資材費が法人から支出されていたことがわかった。理事長が朝日新聞の取材に、こうした私的流用について認めた。岐阜県もこの件を把握し、調べている。

理事長やこの職員によると、理事長は11年10月、豊寿会の高齢者福祉施設「サンライフ彦坂」(岐阜市)の職員に、県内の自宅の塀の修繕を頼んだ。職員は元大工で施設の補修担当。本業のかたわら、木製の塀(高さ2メートル弱、幅約20メートル)をほぼ1人で建て替えた。

職員の日記や証言によると、修繕に少なくとも50日間を費やし、12年10月までかかった。約30万円の資材は豊寿会のクレジットカードなどで購入。別の職員は取材に対し「施設の消耗品に紛れ込ませ経理処理をしていた」と話した。


令和元年6月5日現在


理事長はこんな人



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/12

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(2) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

■2019/11/12 コメントありがとう

>やはり社会福祉法人はどこも同じ

泣き寝入りしないで世に訴えて下さい

ただその前に証拠を示すのが確実です
管理人:ヤンマー |  2019.11.12(火) 18:23 |  URL |  【コメント編集】

やはりそういうことをしていたんですねー。
内部にもあらわれています。
ビデオで撮影するしか、表面化しないんでしょうかね。
豊田学園の利用者ですが |  2015.09.16(水) 19:47 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |