FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.12.01 (Mon)

傷害の疑いで逮捕*日産厚生会玉川病院の看護師

公益財団法人 日産厚生会 玉川病院
不要なインスリン投与の疑い、看護師逮捕 世田谷の病院

東京都世田谷区の日産厚生会玉川病院で、入院患者に本来必要がない糖尿病治療薬のインスリン製剤が使われた事件で、故意に投与した疑いが強まったとして、警視庁は1日、同病院の看護師高柳愛果(あいか)容疑者(25)=同区桜新町1丁目、休職中=を傷害の疑いで逮捕し、発表した。「やっていません」と容疑を否認しているという。

捜査1課によると、高柳容疑者は4月3日と6日、9日の計3回、担当していた入院患者の女性(91)に対し、糖尿病患者ではないのにインスリンを投与し、低血糖症の状態にした疑いがある。女性は一時意識が薄れるなどしたが、高柳容疑者や別の病院職員が処置し、命に別条はなかった。

インスリンは糖尿病患者の血糖値を下げるために使われるが、必要のない人に投与すると死に至る場合がある。同病院はウェブサイトに「医療の根幹を揺るがすような事件が発生してしまったことを深く反省し、お詫(わ)び申し上げます」とのコメントを掲載した。


東京・世田谷区の病院でことし4月、糖尿病ではない女性患者が血糖値を下げるインスリンを投与され、意識がもうろうとなった事件で、警視庁は25歳の看護師の女が故意にインスリンを投与した疑いが強まったとして、傷害の疑いで逮捕した。
看護師は容疑を否認しているという。

逮捕されたのは、東京・世田谷区の看護師、高柳愛果容疑者(25)。
この事件は、東京・世田谷区の「日産厚生会玉川病院」でことし4月、入院中の91歳の女性患者が低血糖症になって意識がもうろうとする発作を3回起こしたもので、女性の血液からは血糖値を下げるインスリンが高い濃度で検出された。

女性は糖尿病ではなかったことから警視庁が捜査したところ、発作に気付いたと話していた高柳容疑者が、医師に報告せずに血糖値の検査をするなど不審な行動をしていたことなどから、故意にインスリンを投与した疑いが強まったとして、傷害の疑いで逮捕した。
病院内の棚からインスリンの瓶2本が無くなっていたということで、警視庁が詳しい経緯を調べている。
警視庁によると、高柳容疑者は容疑を否認している。



こんな お詫びと謝罪の文言 初めてみた 感心した
警察届け出をおこなった事例に関して逮捕者が出た件についての御報告とお詫び

http://www.tamagawa-hosp.jp/main/info_008

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2014/12/01

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |