FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.01.31 (Sat)

介護士が運転する車 ⇒ ノンブレーキで橋脚に衝突*男女5人死亡

高校生ら男女5人死亡 乗用車が橋脚に衝突、高松の国道

31日午前2時40分ごろ、高松市勅使町の国道11号で、同市牟礼町の介護士、安部純弥さん(21)が運転する乗用車が中央分離帯に乗り上げ、国道と平行している高松自動車道の橋脚に衝突。安部さんと同乗していた男女4人が病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

香川県警高松南署によると、他に死亡したのはいずれも同町居住の会社員、池上虎太郎さん(20)▽同、米沢圭祐さん(18)▽県立高校1年、池上舞茉さん(16)▽通信制高校1年、鈴木真由さん(16)。それぞれ頭や胸などを強く打っており、ほぼ即死とみられる。

国道は片側3車線の見通しがよい直線道路。車は西から東に走行し、中央分離帯の縁石に乗り上げた後、左側面から橋脚にぶつかり大破した。車は安部さんが所有していた。

同署は現場にブレーキ痕がないことから、車がかなりのスピードで走行し、減速しないまま橋脚にぶつかった可能性もあるとみて詳しい原因を調べている。

事故後に出勤した近くのガソリンスタンドの男性従業員(38)は「直線だからスピードは出しやすいが、夜は通行量も少なく、これだけ大きな事故は珍しい」と話していた。

現場は高松自動車道高松檀紙インターチェンジから東に約1キロの店舗や工場などが点在する地域。

同乗者のご冥福をお祈りします

乗用車が橋脚に衝突、高校生ら男女5人死亡 高松の国道

31日午前2時40分ごろ、高松市勅使(ちょくし)町の国道11号で、男女5人が乗った乗用車が高松自動車道の橋脚に衝突して大破した。5人全員が頭や胸などを強く打って病院へ運ばれたが、まもなく死亡が確認された。

香川県警高松南署によると、死亡したのはいずれも高松市内に住む
介護士安部純弥(じゅんや)さん(21)
会社員池上虎太郎(こたろう)さん(20)
会社員米沢圭祐さん(18)
高校生鈴木真由さん(16)
高校生池上舞茉(まり)さん(16)の5人。
5人はいずれも近くに住んでおり、同署は顔見知りだったとみている。

現場は片側3車線の直線道路。同署は現場の状況などから、車が国道11号を東に向かって走行中に中央分離帯に乗り上げ、分離帯内に立つ高松道の橋脚に衝突したとみている。車は左側面が大破し、フロントガラスやドアが外れていた。路面にはタイヤ痕が見当たらず、同署は相当な速度で衝突したとみて事故の原因を調べている。事故当時、通行する車は少なかったとみられ、近くを車で通りかかった男性が、大破している車に気付き110番通報したという。

現場は高松市中心部から南西に5キロほど離れた郊外で、国道11号沿いに店舗や工場が並んでいる。




死亡の5人は同じ中学校の先輩後輩 高松

31日午前2時40分ごろ、高松市勅使(ちょくし)町の国道11号で、同市牟礼(むれ)町牟礼、介護士、安部純弥さん(21)運転の乗用車が東へ向かって走行中、中央分離帯に乗り上げ、国道と並行して走る高松自動車道のコンクリート製橋脚に衝突して大破。乗っていた男性3人、女性2人の計5人全員が死亡した。

ほかに死亡したのは、助手席にいた同市牟礼町牟礼、会社員、池上虎太郎さん(20)▽同市牟礼町大町、会社員、米沢圭祐さん(18)▽同市牟礼町牟礼、私立高校1年、鈴木真由さん(16)▽同市牟礼町原、県立高校1年、池上舞茉(まり)さん(16)。頭などを打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

香川県警高松南署によると、安部さんの運転する乗用車は中央分離帯に乗り上げて横滑りした後、橋脚に左側面からぶつかったとみられる。現場は片側3車線で見通しの良い直線道路。付近の道路にブレーキ痕はなかった。制限速度は60キロだが、かなりのスピードが出ていたとみている。5人は同じ中学校出身の先輩後輩の関係らしい。

衝突した乗用車は、側面から激しくコンクリート製の橋脚にぶつかったためか、屋根が折れ曲がってひしゃげ、車体の厚みが少なくなるほどの状態だった。現場に駆け付けた消防隊員によると、到着時には乗用車は横向きに止まっており、エンジンはかかったまま。5人は到着時、既に意識がなかったという。

車を運転していた安部さんの近所に住む男性(33)は「礼儀正しく、いつもあいさつをしてくれていた。車が好きで夜のドライブを友達と楽しんでいて、いつも愛車を大切そうに手入れしているのを見かけた。あの車が大破するなんて……」と絶句していた。また、後部座席で死亡した高校生の鈴木さんの近所に住む人は「明るく元気な人柄で友達が多く、中学時代は友達が自宅によく出入りしていた」と話した。

同じく後部座席に乗っていた池上さんの近所の女性は「おとなしい性格だったが、年下の子の面倒をよくみていた。鈴木さんとは中学時代からずっと一緒にいる仲良しだった」と話した。

5人の出身中学の校長(59)は「ニュースを聞き驚いて、学校に駆け付けた。直接知っている鈴木さんと池上舞茉さんの2人は明るい子たちという印象がある。自分の中学出身の若い5人の命が失われるなんて悔やみきれない」と落胆していた。


5人死亡事故で友人らに衝撃

◇現場で花手向け、祈る
高松市勅使町で31日未明に起きた衝突事故で、5人の若者の命が失われた。友人らは「信じられない」と悲しみに包まれた。

友人によると、5人は高松市立牟礼町内の同じ中学の卒業生。介護士の安部純弥さん(21)、ともに会社員の池上虎太郎さん(20)、米沢圭祐さん(18)の3人は、学年が一つずつ違うが仲が良く、よく一緒にドライブに出かけていたという。別の高校に通う鈴木真由さん(16)、池上舞茉まりさん(16)は中学3年の時に同じクラスだったという。

事故現場には友人らが訪れ、車が衝突した橋脚に花を手向け、手を合わせた。

車を所有していた安部さんは、高松市の老人保健施設で働きながら准看護師の養成所に通い、今月13日が資格試験の受験日だった。

安部さんの友人は「母親と同じ看護の道で頑張りたいと話していた。最近車を買い替え、納車を楽しみにしていたのに」と話した。

鈴木さん、池上舞茉さんの中学時代の友人は「2人とも明るく、友だち思いだった。どうしてこんなことになったのか」と話した。

県内では今年に入り死亡事故が相次ぎ、1月29日までに5件で5人が死亡。うち3件が相次いだ高松市内には多発警報が出され、県警が24日まで取り締まりを強化していた。県警は「交通量が少なくなる夜間も、慎重に運転してほしい。今後、夜間の指導や取り締まりを一層、強化したい」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/02/01

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |