FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.02.03 (Tue)

視点がエエなぁ*感動したゾ

羅臼町
北海道 目梨郡
人口 5,635人
世帯数 2,188

松江市立病院は、知床らうす国民健康保険診療所(北海道)への夏季期間(平成27年5月1日〜10月31日)看護師を研修派遣することになった。
看護師確保に難渋する診療所側と、本院の看護師に、「北海道・知床」という観光地でありながら、厳しいへき地医療の現状と地域包括ケアが体感できることから、研修先として適切とした病院側の双方に利点が有りことから、今回の看護師の研修派遣に至った。
http://www1.city.matsue.shimane.jp/shisei/kohokotyo/houdou_teikyou/2014/0311.html





看護師派遣で松江市と協定 知床らうす国保診療所 1月28日

社会医療法人孝仁会(斎藤孝次理事長、釧路市)が指定管理者として運営する知床らうす国保診療所(田川豊秋所長)は、島根県の松江市立病院(紀川純三院長)と看護師派遣に関する協定を結んだ。同診療所に5月から10月まで看護師を派遣してもらう。

協定書の調印式は同病院で22日に行われ、同診療所の田川所長と相馬智子看護師長、鈴木日出男副町長が出席した。昨年秋に相馬看護師長が全国の自治体病院の研修会で松江市立病院の看護師と知り合ったのがきっかけで、看護師確保が課題の同診療所とへき地医療の現状を学んで人材育成につなげたいとする同病院との思いが一致した。5~7月に1人、8~10月に1人が派遣される。

同診療所の看護師は現在11人。田川所長は「診療所の看護師不足を補うだけでなく、松江市立病院の研修看護師にとって診療所での経験が刺激となり、お互いが期待以上に学べる機会となるようにしたい」と話している。



エエなぁ このコトバ

http://www.rausu-town.jp/kurashi/055/shinryou-nittei.php



http://www.rausu-town.jp/kurashi/055/shinryou-nittei.php









羅臼町 大雪で孤立 専門医が来町できず 2月3日

記録的な大雪となった北海道東部の羅臼町では、町に通じる道路が通行止めになって、丸2日以上孤立した状態が続き、診療所に一部の診療科目の医師が訪れることができなくなるなど、影響が広がっている。

北海道東部の羅臼町では、町に通じる唯一の道路、国道335号線が1日の午前4時から通行止めになり、孤立した状態が丸2日以上続いている。
この影響で、町内にある診療所では内科や外科、それに小児科を担当する医師はいるものの、非常勤の脳神経外科と整形外科の医師が訪れることができなくなっている。
このため、診療所などはこうした診療科目の患者にも対応できるよう救援物資などと一緒に医師が町内に入れるよう町に依頼している。

知床らうす国民健康保険診療所の佐野正典さんは「専門の医師がいないと患者に迷惑がかかるので困っています。早く国道が開通してほしいです」と話していた。羅臼町では天候は回復してきているが、午前11時の積雪は1メートル71センチあり、町内では除雪車が急ピッチで作業を続けているほか、住民が雪で埋まった車を掘り起こすなどの対応に追われている。

70代の除雪業者の男性は「午前2時半から作業をしています。この辺りは役場や消防といった公的な機関があるので作業を急ぎます」と話していた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/02/03

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |