FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2015.02.25 (Wed)

自利利他

己の利益ばかし考える 今般の社会福祉法人
己が運営している施設の職員を育成しない 人材教育をしない
社会人としての心得 教育はしない
人が育たない職場
雇用待遇を見直さない
当時 企業が派遣請負社員を雇いだせば 真似をする
人対人の仕事なのに人件費を削る
離職する職員が多い雇えばスグ辞める職員は非正規職員が多い
アタリマエだ
職場環境が悪い 雰囲気が悪い 人間関係が悪い
すべて それがアナタの 法人の体質なんですよ


二利円満

殺人事件で犠牲になった精神保健福祉士の遺族
父 邦弘さんは「加害者を恨むより、障害者も職員も安心して生きられる社会を息子と作りたい」と


障がいがあっても、高齢になっても安心して暮らせるまちに
木村 弘宣ひろのぶメモリアル基⾦ “ひまわり”を設置
http://www.city.sapporo.jp/shimin/support/kikin/kanmuri/documents/13kimurahironobu.pdf

「さぽーとほっと基金」への寄付に対する紺綬褒章伝達式 平成27年2月19日
「札幌市市民まちづくり活動促進条例」により設置された「さぽーとほっと基金(札幌市市民まちづくり活動促進基金)」に現金500万円を寄付した木村 邦弘(きむら・くにひろ)さんに対する紺綬褒章伝達式が行われました。この寄付は、平成26年2月27日に、市内の精神障がい者の自立を支援する社会福祉施設において、入居者に刺され命を落とした同施設職員の木村 弘宣さんの父・邦弘さんが、弘宣さんの死が無駄にならないよう、障がいがあっても高齢になっても安心して暮らせるまちづくりに役立ててほしいと行ったもの。この日は、上田市長から木村さんに紺綬褒章が手渡されました。
http://www.city.sapporo.jp/city/mayor/motion/2015/0219_01.html





ニュース記事 2014年2月28日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-677.html

医療法人共栄会
援護寮の役割
障害自立支援法に基づくこの施設は、何らかの精神障害を抱えながらも、将来、地域社会での自立生活を希望する方に対する日常生活上の支援・介護、サービスの調整を目的とした地域社会との中間施設です。
精神病院から退院後、自立して地域社会で生活をする上で、すぐには、ひとり暮らしの自信がない方や、能力や経験が十分でない方が日常生活に適応できるように、必要な介護・援助や生活指導・訓練を行い、社会復帰の促進を図る事を目的としています。


札幌市の精神障害者自立支援施設で昨年2月にあった殺人事件で、犠牲となった同市中央区の精神保健福祉士、木村弘宣(ひろのぶ)さん(当時35歳)の父邦弘さん(69)が、精神障害者らを支援する基金を設置した。殺人容疑で逮捕されたのは入所者の男性だが、弘宣さんは精神障害者の自立支援に情熱を注いでいた。事件から27日で1年。邦弘さんは「加害者を恨むより、障害者も職員も安心して生きられる社会を息子と作りたい」と望む。

同市白石区の「援護寮」。弘宣さんは昨年2月27日、週1回の定期面談で部屋を訪れた際、入所男性に首を刃物で切りつけられた。男性は「自分も死ぬつもりだった」と供述したが、札幌地検は昨年5月、心神喪失状態で責任能力は問えないとして不起訴処分とし、鑑定入院の措置を取った。

事件の2年前、弘宣さんは「心の病がある人のために働きたい」と、援護寮を運営する法人に転職した。かつて勤めた関東のIT企業で過労などからうつ状態となり、退職した過去があったからだ。

事件後、邦弘さんは「なぜ息子が死なないといけなかったのか」と苦しんだ。入所男性の不起訴に、事件の原因や背景は分からないままになるとの不安もあった。

四十九日の法要を終え、同級生や同僚、親族らからメッセージを集めた追悼集の編集を始めた。すると、福祉の現場で笑顔を絶やさず精いっぱい利用者に向き合っている弘宣さんの姿が見えてきた。入所者と面談する時は机を挟んで正座し「よろしくお願いします」と同じ目線で丁寧に頭を下げていた。事件の日も、あいさつの時に襲われたと知った。

「誇りを持って人生をかけて働く職場を安全にできないか」との思いにかられた。事件を機に、精神障害者やその家族らへの偏見や差別が広がることも懸念した。そんな時、国から労災保険の遺族給付金が支払われた。「息子の命の代償。息子がしたかった仕事を手伝いたい」と、基金を思いついた。

市民の寄付で作る札幌市の基金制度を活用。「木村弘宣メモリアル基金『ひまわり』」と名付けた。精神障害者の自立支援や若年性認知症のサポートをする団体などを支援するつもりだ。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/02/25

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

北方ジャーナル
2001年 2月号 通巻366号
2001年 3月号 通巻367号
名無しさん |  2017.10.07(土) 11:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |