FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.10.25 (Sat)

南海学園*行政指導を受けていた

入所者の居室施錠 「不適切な処遇」 県、改善求め指導 /高知

◇「加害の恐れやむを得ず」
県内や愛媛県で知的障害者施設など13施設を運営する社会福祉法人「来島会」(本部・愛媛県今治市、越智一博理事長)が、知的障害者更生施設「南海学園」(南国市大そね)で職員が入所者に不適切な処遇をしたなどとして県から改善を求める行政指導を受けていたことが24日分かった。

県によると、今年3月に「入所者が身体拘束を受けている」との匿名の通報が県にあった。これを受けて県は4月中旬、立ち入り検査を2回実施。別の入所者から加害される恐れがあった一部の入所者の居室を夜間に施錠していたことや、拘束方法や理由などの記録が一部で残っていなかったことを確認したため、9月12日に同会に文書で行政指導した。

越智理事長は「南海学園は重度の障がいを抱えた利用者が大半でやむを得ずの判断だった。職員は利用者を守ろうと懸命に働いた」とした上で「学園内に『身体拘束ゼロ推進委員会』を作り、ゼロベースで対応を検討している」と語った。

障害者総合支援法は、障害者の身体拘束は(1)生命の危険が著しい(2)代替方法がない(3)一時的−−の3要件を課して原則禁止しており、やむを得ず身体を拘束する場合でも、その方法や理由を記録しておくことを定めている。


南海学園は重度の障がいを抱えた利用者が大半でやむを得ずの判断だった。
職員は利用者を守ろうと懸命に働いた とした上で ・・・・・
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-1417.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/08/23

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |