FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.03.26 (Thu)

児童虐待:最多2万8923人

児童虐待:最多2万8923人 14年通告、関心高まり通報増 警察庁

警察庁は26日、虐待を受けている疑いがあるとして全国の警察が昨年、児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子どもが前年比34%増の2万8923人に上り、最多を更新したと発表した。傷害などの容疑で立件されたのは698件719人、事件の被害者となった子どもは708人で、いずれも過去最多。社会的関心の高まりで通報が増え、積極的な事件化を目指す方針が影響したとみられる。

同庁によると、通告種類別では、暴言を投げつける心理的虐待が1万7158人(前年比39%増)で、全体のほぼ6割。うち、子どもが目の前で家族によるDV(ドメスティックバイオレンス)を目撃する「面前DV」が1万1669人(同45%増)に上った。

ほかには、殴るなどの身体的虐待7690人(同25%増)
▽食事を与えないなどのネグレクト(怠慢・拒否)3898人(同32%増)
▽性的虐待177人(同19%増)だった。

摘発事件の被害者の内訳は、男子299人、女子409人。性的虐待は被害者の97%が女子だった。子どもの側から見た加害者との関係は、多い順に、実父298人▽実母158人▽養父・継父149人−−など。被害者の年齢は14歳が最多で76人、16歳60人▽15歳59人−−と続き、1歳未満も51人に上った。被害者のうち20人が死亡していた。



児童虐待及び福祉犯の検挙状況 ( 平成26 年1 ~ 12 月) 警察庁生活安全局少年課
https://www.npa.go.jp/
https://www.npa.go.jp/safetylife/syonen/jidougyakutai_fukushihan_kenkyoH26.pdf
https://www.npa.go.jp/safetylife/syonen/jidougyakutai_fukushihan_kenkyoH26.xlsx

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/03/26

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |