FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.03.27 (Fri)

虐待事案*神経質になるなよ

高崎のぞみの園:「虐待は認定できず」 第三者委が報告 /群馬

高崎市の国立重度障害者総合施設「のぞみの園」で虐待が疑われる事案があったとして再発防止策を検討してきた第三者委員会は25日、「虐待があったかどうか認定できなかった」との報告書を遠藤浩理事長に提出した。

報告書によると、女性職員が利用者の頭をたたいたとの目撃証言については新たな証言がないことを理由に、虐待の判断を示さなかった。利用者が食べ物をのどに詰まらせないよう、この職員が頬をたたいた事例を「危険回避のためやむを得なかったが、不適切な行為」と認定した。一部職員に旧態依然とした利用者支援があり、利用者に真摯(しんし)に向き合う職員が声をあげにくい環境にあったと指摘した。

記者会見した遠藤理事長は「提言を踏まえ利用者本位の支援の徹底に努める」と述べた。虐待が疑われる事案で行政への通報が7カ月遅れたことに関連し、役員を含む7人を訓告や厳重注意とし、理事長給与の10分の1を1カ月返納することを明らかにした。


2014年4月5日
群馬県高崎市にある独立行政法人国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」は4日、施設内での職員による虐待が疑われる事案について、障害者虐待防止法に基づく県などへの報告が遅れたと発表した。内部で事案を把握したのは昨年8月だが、群馬県と市への報告は約7カ月後だった。

園によると、昨年8月、60代の男性入所者の頭をたたいたという虐待が疑われる事案が寮長に報告されたが、調査が遅れ、同法に基づく通報を県と高崎市にしていなかったとしている。

施設関係者によると、虐待したとされるのは園の女性職員で、昨年8月29日、入所者をたたく姿を複数の職員が目撃し、翌30日には寮長に報告された。しかし、高崎市への通報は今年3月31日、県への通報は今月1日だった。園側は「女性職員は体を押さえただけだと説明しており、県などの調査に協力して適切に対応したい」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/03/27

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

大阪市にある障害者施設の理事長が利用者さんに毎日暴言や体罰をしてます。
お大阪市に通報しても動きません。
連日、救急搬送される利用者さんがいて心配です。
名無しさん |  2015.04.10(金) 02:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |