FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.05.01 (Fri)

有耶無耶では済まされない不正*社会福祉法人

盗んだ金を返せばエエのんか?

それでエエんか?

キッチリ処罰せえよ


元職員2800万円着服=保育園、架空取引装う―高知

高知市の社会福祉法人「種崎福祉会」は1日、運営する保育園の元職員の女性が2005~12年度、計約2800万円を着服していたと発表した。女性は「家族の病気の治療費のために使った」と話し、既に1000万円を返済した。同会は刑事告訴も視野に対応を検討する。

同会などによると、園の会計事務を担当していた女性は、領収書などを偽造して椅子やマットなどを購入したように装い、260回にわたり計約2800万円を同会の口座から引き出していた。 


保育園元職員2800万円着服

高知市と委託契約を結ぶ市内の保育園に勤務していた職員が、物品の購入を装って運営費を着服していた問題で、この職員が着服した金額は8年間で2800万円余りにのぼることが保育園を運営する法人の調査で分かった。

この問題は高知市と委託契約を結ぶ社会福祉法人種崎福祉会が運営する「種崎保育園」に勤務していた女性職員が、ストーブなどの物品の購入を装って運営費およそ65万円を着服したとして、去年12月に懲戒解雇された。
法人が被害金額などの全容解明に向けて、伝票などの書類を調べたところ、着服は平成17年度から24年度までの8年間に260件、総額で2859万4000円余りにのぼることが分かった。

当時、保育園の会計を担当していた職員は1人で、業者から子ども用のいすやテーブルなどを購入したように見せかけ、伝票などの書類を偽造して法人の銀行口座から現金を引き出していたということで、法人の調査に対して、元職員は「着服した金は家族の病気の治療費に充てた」などと話しているという。

元職員は4月、1000万円を弁済し、残りも弁済を約束しているということだが、法人では刑事告訴も含めて対応を検討しているという。

種崎福祉会の平田文彦理事長は、「着服金額が高額で、長期にわたって不正に気づかなかったことは痛恨の極みであり、役員全員がその責任を重く受け止めている。不正防止の徹底を図っていく」と話している。







高知市の保育園職員が着服 架空伝票を作成し6年で65万円
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-1719.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/05/01

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |