FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2015.05.27 (Wed)

ホントに善意ある人はモノを寄付する

以前から 前々から
私がこのブログで訴えている 現金での寄付
現金で寄付するのであれば
日本赤十字社とか日本盲導犬協会とか24時間テレビとか日本ユニセフ協会とか赤い羽根共同募金とか
競艇で遊んで日本財団とか
ちゃんと収支報告している団体に寄付しなさいよ



ネパール大地震:被災の障害者に支援を 西宮市のNPOが募金 /兵庫

障害者の自立した生活を支援するNPO法人「メインストリーム協会」(西宮市)は、ネパール大震災で被災した障害者を支援しようと募金を始めた。20年前の阪神大震災では、障害者の協会メンバーが被災。車椅子を使う障害者が避難生活を送る難しさを経験してきた。協会の担当者は「ネパールでは貧しい人が多く、障害者も普段から厳しい環境で暮らしているが、大災害により一層厳しい生活を強いられている」と語り、支援を呼びかけている。

メインストリーム協会は約25年前から、西宮市を拠点に、重度の障害がある人たちの自立支援に取り組む。海外から研修に訪れる人も多い。かつて協会で研修したネパール人の障害者が帰国後、ネパールの首都・カトマンズで、障害者に介助者を派遣する「自立生活センター」を設立。だが、今回の地震で建物が全壊してしまったという。

協会によると、重度の障害者には日常生活でトイレや食事などに介助が必要な人が多いが、阪神大震災では介助者も被災して避難したため、介助を受けらなくなったケースがあった。また、震災では避難場所のトイレが健常者用で、車椅子で生活する人たちの使用に対応できない場合があり、厳しい環境で避難生活を送った人もいた。

こうした経験から、交流のあるネパールの障害者たちが、より厳しい環境に置かれているとみて、協会のメンバーは16日から現地で被災した障害者の現状を調査している。同時に、センター再建などのための募金を呼びかけることにした。協会の担当者は「ネパールで被災した障害者たちが立ち直り、今まで通り暮らしていけるように支援してほしい」と募金への協力を呼びかける。



この福祉団体を疑ってるわけじゃないけれど
お金はヤメとけよ
善意の寄付をするのなら
物で寄付すればよろしい

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/06/03

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |