FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007.09.11 (Tue)

入浴介護中に水死*職員が風呂場を離れる

入浴中84歳おぼれ死亡 職員、風呂場離れる

9日午前11時20分ごろ、弘前市富田3の「介護サポート」(三上貴生社長)の運営する老人介護施設デイサービス孔雀庵で、同社施設に入所していた武田ミツヱさん(84)が入浴介護中におぼれ、近くの病院に運ばれたが間もなく死亡した。死因は水死とみられ、弘前署は安全管理面で問題がなかったか調べている。

調べでは、武田さんは職員に介助されながら風呂で入浴していたが、職員が目を離した間におぼれたらしい。武田さんは介護を必要とする中で最も重い「要介護5」だった。調べに対し、同社側は「職員が電話に出るため風呂場を離れ、戻ると顔をお湯につけておぼれていた」と説明しているという。

この事故を受け、県高齢福祉保健課は近く、同社が経営する事業所などを立ち入り検査する。また、11日には、県内すべての高齢者介護関連施設(約200カ所)に事故防止対策の徹底を通知する予定。

事故について、同社は「警察の調べが終わっていないので何とも言えない。ただ、これまで以上に事故が起こらないよう注意したい」としている。


2007年9月に弘前市富田三丁目の老人介護施設「デイサービス孔雀庵」で、入所していた女性=当時(84)=が入浴中に水死した事故で、弘前署は三十日までに、業務上過失致死の疑いで、付き添っていた女性職員を青森地検弘前支部に書類送検した。

同署の調べなどによると、職員は〇七年九月九日午前十一時二十分ごろ、女性の入浴に付き添っていた際、電話応対のため浴室を離れた間に女性が浴槽に沈み、死亡させた疑い。

県によると、孔雀庵は今年七月から約一年間の予定で、業務を自主的に休止している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/12/22

Blog Top  | 入浴事故 | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

小規模なんですかね
名無しさん |  2018.06.25(月) 16:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |