FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.06.26 (Fri)

障害者を食い物にしてオイシイですか?*緒方元一郎さん?

知的障害者名義のカード不正取得、容疑の介護業者社長を逮捕 大阪府

経営する介護事業会社を利用している知的障害のある男性になりすましてクレジットカートを申し込み、カードをだまし取ったとして、大阪府警豊中南署は26日、詐欺容疑などで、介護業「キッズ・エスコート」(大阪府吹田市)社長、緒方元一郎容疑者(48)=同市江の木町=を逮捕した。「弁護士が来るまで話さない」としているという。

逮捕容疑は平成25年12月上旬、同社の訪問介護サービスを利用する豊中市内の40代男性名義のカード1枚をだまし取ったとしている。緒方容疑者はカードで約50万円を借り入れたが、一部は未返済という。

同署によると、男性には中程度の知的障害があった。緒方容疑者は男性に対し、自宅に利用明細が郵送されても開封せず、同社社員に渡すよう指示していたという。

同社は昨年12月、介護給付費約60万円を不正に受給したとして、市から指定の取り消し処分を受けていた。


指定障害福祉サービス事業者に対する指定取消処分について  2014年11月27日

豊中市が実施した監査の結果、障害者の日常生活および社会生活を総合的に支援するための法律(以下「法」という。)の規定により、指定を取り消す行政処分を行うことを決定しました。

1.処分の対象となる事業者及び事業所の概要

 事業者名 (代表者名)   有限会社キッズ・エスコート(取締役 緒方元一郎)
 事業者所在地        吹田市江の木町17番37号
 対象処分事業所名等   有限会社キッズ・エスコート訪問介護やすらぎ
 事業所所在地        豊中市服部西町一丁目9番43号 悟空マンション102号
 サービス種別        居宅介護

2.処分の内容及び期間

 処分内容   :指定取消  
 取消年月日 :平成26年12月1日(指定の効力が消滅する日)

3.違反法令及び処分を行う認定事実等

(1) 不正請求 (法第50条第1項第5号該当)
 平成25年9月から平成26年3月までの間に、管理者が取締役の指示により、家事援助には該当しない方法(利用者宅以外で調理した食事を利用者不在時に提供する等の方法)で行った食事の提供サービスについて、不正と認識しつつ介護給付費を請求し、計626,734円を受領した。

(2) 不正又は著しく不当な行為 (法第50条第1項第10号該当)
 取締役が上記の事実について、家事援助に該当するようにつじつまをあわせて、サービス提供記録に虚偽の事実を記載した。

4.その他 

(1) 経済上の措置
 介護給付費を支給した市に対し、不正に受け取った介護給付費626,734円の返還及び、返還させる額に百分の四十を乗じて得た金額250,693円(法第8条第2項)を加算して支払わせる。 

(2) 移動支援事業者の指定取消
 指定障害福祉サービス事業者の事業者指定取り消しにより、豊中市障害者等移動支援事業者としての指定を取り消します。(豊中市障害者等移動支援事業者の指定に関する要綱第11条第1項第2号該当)
  処分内容   :指定取消
  取消年月日  :平成26年12月1日 (指定の効力が消滅する日)

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/06/26

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |