FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.06.27 (Sat)

所沢市の育休退園問題*所沢市の方針に何がアカンの?

育休
育児休業
育児休暇

この保護者たち モンペア ですか?


何でもカンでも声を荒げればエエっちゅうもんじゃない
何でもカンでも訴訟すればエエっちゅうもんじゃない
何でもカンでも権利を主張すればエエっちゅうもんじゃない
monpemonpemonpe_and1d.jpg


こんな親は この母親って 会社でも育児休業は労働者の権利です って休暇を貰ったんでしょうか
そうでしょ
monpemonpemonpe_and1c.jpg




そもそも
育児休業って何なんですか?



私ヤンマーは 所沢市の方針判断に賛成します



育休で退園「違法」 保護者ら11人、所沢市を提訴
「育休退園」は権利侵害 所沢の母親ら市を提訴へ

出産した母親が育児休業を取得した場合の0~2歳の保育園児を退園させる所沢市の「育休退園」制度をめぐり、保育が必要なのにもかかわらず退園させるのは違法だとして、保護者らが25日、市を相手取り退園の仮差し止めを求める行政訴訟をさいたま地裁に起こす。

提訴するのは所沢市安心して子育てできる街にしたい会石上将史会長を中心にした母親約10人

市は子ども・子育て支援法を受け、4月から育休退園の運用をスタートさせた。「育児休業中は家庭での子育てが可能なので、原則として保育の必要性に該当しない」とし、就労などで保育が必要な待機児童を持つ人に利用してもらうことが導入の理由という。

母親が育休を取得した場合、保育園に通う0~2歳児は母親が出産した2カ月後から退園することになる。

これに対し代理人弁護士は「育休を取得しても保育園を利用できる『子ども・子育て支援法施行規則』に反し、保育が必要なのに退園させるのは違法。育休は単なる休暇でなく休業後の準備期間であり、就労の一形態」と主張。「運用改悪は保護者の育児休業権の侵害」と反論している。

原告の母親らは「今月出産すると、育休を取れば8月に退園を余儀なくされる。これまで市に対し個別に継続保育の要望書を提出してきたが、保護者との話し合いの場を設けてもらえなかった」と話す。

「一度退園すると、元の慣れ親しんだ人気の保育園に戻るのは難しい」という保護者らの不安に対し、市は退園後も4保育園4人に限って元の保育園に戻れる補正予算案を開会中の6月定例議会に提出している。

しかし「安心して子育てできる街にしたい会」の開田ゆき副代表(36)は「大人の都合で退園させられる子どもは気持ちが混乱してしまう。子どもの学びを安定して保障するのはこれまで通り継続して保育することが必要」と指摘する。

藤本正人市長は「市として文書も頂いておりませんので、何とも申し上げることができません」とコメントした。




“育休取得で上の子の退園は違法”提訴

埼玉県所沢市が、2歳児までの子どもを保育園に通わせている母親が新たに子どもを出産して育児休業を取得した場合、上の子どもを退園させる制度を設けたのは保育を受ける権利を侵害するもので違法だとして、保護者11人が市に対して退園の差し止めを求める訴えをさいたま地方裁判所に起こしました。

訴えを起こしたのは、所沢市の保育園に子どもを預けている保護者11人です。
所沢市は待機児童の解消に向けた対策として、保育園に子どもを預けている母親が出産し育児休業を取得した際、預けている子どもが0歳児から2歳児の場合には、原則、保育園を退園させ、育児休業中は家庭で育ててもらう制度を今年度新たに設けました。

訴えの中で保護者らは、退園によって生活環境が急激に変化すれば子どもの成長に大きな悪影響を及ぼすうえ、育児休業は単なる休暇ではなく、仕事復帰のための準備期間であり、市の制度は保育を受ける権利を侵害するもので違法だとして、退園の差し止めを求めています。

原告の保護者らは厚生労働省で記者会見し、「今回の制度で助かる人も出るとは思うが、保育園が増えなければ抜本的な待機児童対策にはならない。誰もが保育園を利用できる環境を作るのが先決だ」などと訴えました。
これに対し、所沢市は「訴状の内容を承知していないのでコメントできないが、育児休業中は保護者が家庭で子育てできる環境にあり、少しでも待機児童を減らすためにも制度を設けた」と話しています。
.

所沢市 育休中の退園措置採用の理由は

所沢市は、これまでも保護者が子どもを家庭で保育することが可能な場合は、保育園を退園させる措置を取っていましたが、親からの要望などを受けて平成12年9月から各保育園の園長の判断に委ねる形で、事実上継続的な保育を認めていました。しかし、去年4月現在、市内の待機児童数は32人と埼玉県内の市町村で10番目に多く、待機児童問題がなかなか解消せず、所沢市は国がことし4月に「子ども・子育て支援新制度」をスタートさせたのを受けて、生まれた子どもや親が病気の場合や、双子以上の子どもを出産した場合などを除いて、保育園に預けている0歳児から2歳児は原則、退園させる制度を設けました。

所沢市は救済措置として、保護者が仕事復帰する際に保育園にきょうだいそろって入園できるよう市と保育園は連携して調整を図り、優先的に再入園できる体制を整えているとしています。さらに、退園している期間中には保育園の一時預かりサービスが利用できる回数を増やすなど、子育て支援の充実を図るとしています。所沢市こども未来部の本田静香部長は「育児休暇中は保護者が各家庭で子育てできる環境にあり、より保育の必要性の高い保護者に保育が提供できるように制度を設けた」と話しています。


育休で退園 国の方針は

保育所の利用について、国は、ことし4月から始まった子ども・子育て支援新制度で保護者が働いているなど、「保育の必要性」があるかどうかを踏まえて市町村が判断すると定めています。この中では、保護者が育児休業を取得する場合でも、すでに保育所を利用している上の子どもに保育の必要性があれば引き続き利用できるとしています。

具体的には、小学校への入学を控えた5歳児で集団での保育が必要だと認められる場合や、子どもの発達上、環境の変化が好ましくない場合など地域の実情に応じて市町村が判断するとしています。
厚生労働省によりますと、保護者が育児休業を取得した際に、上の子どもの保育所の利用を認めるかどうかは市町村によって異なるということですが、待機児童が多い市町村でも子どもの生活環境が変わるのは好ましくないとして引き続き利用できるところが増えているということです。

このうち、待機児童の数が全国で最も多い東京・世田谷区では、保育所の利用が比較的長い3歳児以上の子どもについては引き続き利用を認め、2歳児以下の子どもについても保護者が仕事に復帰する目安となる1年余りの間は、育児休業を取得していても保育所を利用できるようにしているということです。

一方、厚生労働省は、育児休業の取得を理由に保育所が利用できなくなった場合でも、保護者が育児休業を終え再び働き始めた際には優先的に利用できるよう市町村に求めています。

今回の所沢市の対応について、厚生労働省は「育休明けには優先的に保育所を利用できるようにするなど国の方針の範囲内の対応だと考えている。しかし、子どもの発達上、保育所の退所による環境の変化が望ましくない場合があるので、それぞれの事情に応じて対応してもらいたい」としています。



全国に1万人以上いる「隠れ待機児童」とは? 7月12日

認可保育所に入れない待機児童について、昨春数が多かった東京や大阪、兵庫など全国20都道府県の98市区町村で、「保護者が育児休業中」などを理由に集計されていない「隠れ待機児童」が、少なくとも約1万3千人(今年4月現在)に上ることが11日、分かった。児童数を明らかにしていない自治体もあり、数がさらに増える可能性もある。

これらの自治体が待機児童として集計したのは約1万5千人(昨年4月から11%減)で、ほぼ同規模の潜在的な保育需要が表面化した形。国は、平成29年度までに待機児童をゼロにする目標を掲げているが、自治体により集計方法に違いがあるため、「統計が全体像を反映していない」との指摘も出ていた。

国が自治体に示した基準では、認可保育所に入所できなくても、(1)東京都の認証保育所など自治体単独の保育事業を利用(2)幼稚園の一時預かりなどを利用-した場合、待機児童として集計しない。また(3)保護者が育休中の場合は、待機児童に含めるかどうか自治体が判断できる。

(1)~(3)を「隠れ待機児童」とみなし、昨年4月時点の待機児童が50人以上だった20都道府県の98市区町村を調べたところ、80市区町村が実態を把握し、「隠れ待機児童」にあたる児童数は計1万3882人に上った。

また37市区町は、育休中のケースを待機児童として集計していた。
認可保育所は保育料が割安で、職員の配置も手厚い。「夜遅くまで利用できる」などの理由で自治体単独の保育事業を選ぶ保護者もいるが、認可保育所に入れなかったため、保護者が認可保育所以外の施設を利用したり、仕事への復帰をあきらめて育児休業を延長したりしているケースが大半とみられる。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/07/12

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |