FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.07.26 (Sun)

社会福祉法人三翠会*特別監査 ⇒ 1億円~

社会福祉法人三翠会
兵庫県三田市下相野薬師尾1460番地の1
理事長 東前弥生

法人の役員  2015年3月
理事 箱崎逸夫
理事 東良旭殷
理事 松本佳忠
理事 田村雅嗣
理事 福西勝弘
理事 山之口浩一
監事監査 矢野浩一郎
監事監査 宮本末子
https://www.satsuki-jutaku.jp/search/detail.php?apart_id=19410&print=true


社会福祉法人三翠会 現況報告書
平成 26 年4月1日現在
http://web.pref.hyogo.lg.jp/kf04/documents/128.pdf


兵庫県三田市の社会福祉法人、総額1億円超か 県と市特別監査

三田市の社会福祉法人三翠会で不適切支出や使途不明金があるとして、県と三田市が特別監査に入っていたことが24日、わかった。同会が運営する高齢者向け住宅の建設工事などを巡るもので、不適切支出などの総額は1億円を超える可能性もあるという。県などは資金の流れを調べる第三者委員会の設置を指示した。

県や三田市などによると、三翠会は今年、同市横山町に約15億円をかけて、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を建設した。2013年に大手銀行から借りた建設資金を地方銀行に借り換えた際に、大手銀から約6000万円の違約金を請求された。男性理事が工事を請け負った建設会社からお金を受け取り、自身が経営する会社を通じて大手銀に違約金を支払った。その分は建設代金に上乗せされたが、理事会の承認を得ていなかった可能性があるという。

また、施設の調理設備も男性理事の会社が約5000万円でリース契約していた。他にも三翠会側が県の調査に使途を説明できない支出もあるという。

三翠会は1988年に設立され、三田市内で特別養護老人ホームなど7施設を運営している。
三翠会の理事長は取材に「県から特別監査を受けているのは事実だが、27日に県が発表すると聞いており、今この件について語るのは差し控えたい」と答えた。





兵庫県三田市の社会福祉法人「三翠(さんすい)会」が運営する高齢者施設の建設工事をめぐり、多額の不適切支出や使途不明金があるとして、兵庫県と三田市が社会福祉法に基づき、同法人の特別監査を実施したことが23日、分かった。こうした支出は総額で1億円を超える可能性があり、県は三翠会に弁護士らによる第三者委員会を設置し、資金の流れを解明するよう指示した。

関係者によると、三翠会は平成24年3月、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の建設用地として、三田市横山町の土地を5500万円で購入。今年1月、3階建て98室の施設を完成させた。建設費は約15億円だった。

県などによると、三翠会は25年8月、大手銀行から融資を受けた建設資金を地方銀行に借り換えた際、大手銀に関連の違約金約6千万円の支払い義務が発生。このため、三翠会の男性理事が、工事を請け負った大阪市内の建設会社から「裏金」を受領した上で、自身が経営するコンサルタント会社を通じ、大手銀に違約金を支払ったという。

後に三翠会が建設会社へ工事代を支払った際、裏金分を上乗せして還流させていたが、こうした処理は三翠会の理事会の承認を得ていなかった。多額の違約金発生により理事長の責任問題に発展することを避ける狙いがあったとみられる。

また、施設の厨房設備も男性理事のコンサル会社が約5千万円でリース契約していたが、県は三翠会が男性理事側に工事費の一部を実質的に肩代わりさせた可能性があるとみている。





兵庫県三田市内の社会福祉法人「三翠会」が運営する高齢者施設の建設をめぐり、多額の不適切な会計処理があったとして、兵庫県と同市は24日までに、社会福祉法に基づく特別監査を実施した。県などは弁護士らによる第三者委員会を設置し、資金の流れを解明するよう法人に指示した。

法人は2012年3月、同市横山町の土地を5500万円で購入。今年1月に3階建て98室のサービス付き高齢者住宅(サ高住)を開業させた。

県や市によると、法人は建設費15億円のうち9億円を大手銀からの融資で賄ったが、13年に地銀に借り換えた際、約6千万円の違約金が発生した。理事の男性が、自身が経営するコンサルタント会社を通じて大手銀に違約金を支払ったという。

法人が建設会社に支払った建設費の内訳に使途不明の約6千万円があり、違約金支払いの原資になった可能性があるという。一連の会計処理は法人理事会の承認を受けていなかった。施設内の一部設備は、同じコンサル会社がリース会社から総額約5千万円で借り受ける契約になっていたが、その契約も理事会に諮られていなかった。

法人によると、男性は数年前に理事となり、サ高住の事業を担当。理事長は「男性理事から融資の借り換えで違約金は発生していないと聞いていた。男性理事による背任行為だ」と主張。「理事会が機能していなかったことの責任は感じている」と語った。





三田・社会福祉法人 使途不明金1億円、架空工事発注疑いも

兵庫県三田市の社会福祉法人「三翠会」によるサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)建設をめぐる不適切な会計処理問題で、特別監査をした兵庫県は27日、使途不明金が少なくとも約1億円に上ることを明らかにした。また、別業者に架空工事を発注していた疑いがあることも分かった。

県によると、サ高住の建設計画は、理事長の夫である当時の男性評議員(60)と男性理事(58)が進め、2013年3月、理事会の承認なしに大阪市の建設業者と15億1200万円で随意契約した。

元評議員は法人から工事費名目で1億950万円を引き出し、理事に渡したと県に説明。だが、うち3900万円は融資借り換えに伴う都市銀行への違約金(6千万円)の一部に充てられ、残りの使途は不明。また実際に業者に支払われた12億5千万円のうち9500万円は三翠会の「裏金」となり、ここからも違約金が支払われたとみられる。

一方、法人が別業者と契約した進入路工事はサ高住の建設工事に含まれ、架空の疑いが強いという。理事らは工事費として4230万円を法人から引き出し、一部をブローカーに渡したとしているが、2730万円の使い道が判明していない。

県は元評議員と理事が出金した計1億5180万円のうち、9780万円を使途不明金と判断。県が設置を求めた第三者委員会が8月中にも調査結果をまとめる。



続き  ニュース記事
約2億5千万円の不適切な支出や使途不明金

三田市の社会福祉法人「三翠会」で多額の使途不明金が発覚した問題で、県は27日、不適切支出の額が2億4700万円になる可能性があると明らかにした。同会が立ち上げた、弁護士らによる第三者委員会が8月までに調査結果を出す方針という。

県によると、不適切支出は同会が今年、同市横山町に約15億円をかけて建設した、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を巡って行われた。2012〜13年に、理事長の夫と男性理事が理事会の承認を得ずに、法人の口座からサ高住の建設費として1億5180万円を引き出した。これとは別に、県が入手した、工事を請け負った会社の台帳では、9525万円が三翠会からの「預かり金」(裏金)と記載されていた。

2人は、サ高住で介護保険サービスをする男性理事の会社の事業費や、大手銀行から借りた建設資金を地方銀行に借り換えた際の違約金(約6000万円)などに使った、と話しているという。だが、9780万円は証言が食い違うなどで、使途不明となっている。



三田市の社会福祉法人が特別監査受ける 7月28日

兵庫県三田市の社会福祉法人に約2億5千万円の不適切な支出や使途不明金などがあることがわかった。
兵庫県と三田市が7月14日に特別監査を行ったのは社会福祉法人三翠会

兵庫県によると、三翠会が2013年から約2年かけて建設したサービス付き高齢者向け住宅で、不適切な会計処理をしているとの情報提供が複数寄せられ県が調べたところ、あわせて約2億5千万円の不適切な支出や使途不明金があることが判明したという。

理事長の女性はよく知らなかったと話していますが、兵庫県は背任や横領の可能性もあるとみて、三翠会に対して第三者委員会を設置し、金の使いみちなどを解明するよう指示しています。


兵庫・三田の社福法人向け裏金か 建設会社口座に1億円プール 7月28日

兵庫県三田市の社会福祉法人「三翠会」の使途不明金問題で、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の工事を請け負った大阪市の建設会社の口座に、工事費の一部の名目で約1億円がプールされていたことが27日分かった。実質的に三翠会が自由に使える裏金の可能性があり、週内にも発足する第三者委員会は不透明な資金の流れを調査、法人に損害を与えた理事らの責任を追及する。

県は27日、法人から1億5千万円の不適切な支出があり、このうち約1億円が使途不明になっているとする特別監査の結果を公表した。

一連の行為は男性理事と理事長の夫が主導。県によると、サ高住の工事を請け負った大阪市港区の建設会社へ工事費名目で入金した12億5千万円のうち、9500万円が「預かり金」としてプールされていた。男性理事が県の調査に対し、三翠会の資金借り換えに伴う違約金の一部に、プール金の中から約2千万円を充当したと証言しており、プール金は三翠会が使える裏金である可能性があるという。

また、平成24年5月~25年9月に工事費名目で支出された約7千万円が使途不明に。さらに別の建設会社との道路工事契約でも2700万円の使途不明金があり、県は契約は架空の可能性が高いとみている。

県は三翠会に第三者委の設置を指示しており、藤原孝洋弁護士、岡本俊二公認会計士ら3委員で週内にも発足。8月末を目途に県へ調査結果を報告する。






1・3億円不明朗な土地取引 経営者一族に還流か 兵庫の社会福祉法人 8月1日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2335.html

弁護士「変死」、不明金・裏金2億円…「創業家が食い物」社会福祉法人は“疑惑のデパート”か 8月11日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2371.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/08/15

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

大きな不明金が有るのに特捜部は動かないですか?
まー |  2015.08.28(金) 12:47 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |