FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.09.26 (Sat)

もうアレだな:ネコババ*と言えば社会福祉法人

社会福祉法人昭和町社会福祉協議会
山梨県中巨摩郡昭和町押越616




着服で職員を懲戒解雇…昭和町社会福祉協議会

昭和町社会福祉協議会(会長=角野幹男町長)の会計担当だった男性職員が2008年から約7年間にわたり、協会の口座から計約1860万円を不正に引き出し着服していた問題で、同社協は24日、男性職員を同日付で懲戒解雇したと発表した。近く、業務上横領容疑で刑事告訴する方針という。

発表によると、男性職員は、丹沢啓太係長(37)。丹沢係長は03年4月に採用され、同年途中から今年4月に異動するまでの間、1人で会計を担当。後任の会計担当が5月中旬頃、過去の不透明な支出に気付き、計1862万4449円の着服が発覚した。丹沢係長は「生活費やパチンコ代に使った」と認め、これまでに約170万円を返還しているという。

一方、同社協は8月の発表後の調査で、08年度中に口座から81万4627円が不正に引き出されていたことが新たに判明したことも明らかにした。同社協は引き出す手口などから、丹沢係長の着服と判断した、としているが、丹沢係長はこの件は認めていないという。

同社協は今回の問題の原因について、会計担当者が1人でチェック機能が働いていなかったためとし、「印鑑と通帳の管理を徹底し、会計処理の外部監査を依頼していく」としている。この日、記者会見した角野町長は「責任を痛感している。二度と起こらないようにしたい」と陳謝した。


昭和町社会福祉協議会の職員が約1860万円を着服した問題で、協議会は24日、会見を開き、職員の刑事告訴に踏み切る方針を明らかにした。また調査の結果、着服はさらに80万円増え、社協は職員を懲戒解雇処分とした。

これは昭和町社協の会計担当だった37歳の男性係長が口座から約1860万円を着服したもの。
社協と調査委員会は24日、会見を開き、着服した職員の名前を丹沢啓太係長だと発表。着服額についてはさらに80万円が発覚し総額はおよそ1940万円に増えたとした。

また弁済額が170万円に留まっているとして、刑事告訴することを明らかにした。このほか社協は24日付で丹沢係長の懲戒解雇処分を決定。再発防止策として外部監査を導入する方針を示した。
角野幹男町長は陳謝した上で「責任を痛感しており2度と同じことが無いよう取り組みたい」と話している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/09/26

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |