FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.09.28 (Mon)

指定取り消し*合同会社南蛮堂:かすがの杜

合同会社 南蛮堂
大分県大分市東春日町8番1号

大分市の介護施設が不正受給で指定取り消し

大分市の介護サービス事業所が介護給付費80万円余りを不正受給していたことがわかり、市が指定取り消し処分を発表した。

処分されたのは大分市東春日町の介護・障害福祉サービス事業所ヘルパーステーションかすがの杜
大分市によると、この事業所は去年3月から4月にかけて事業申請にあたって実在しない職員の名前を記載した嘘の書類を提出して指定を受けた。

さらに法律で定められた職員の数を配置せずにサービスを行い介護給付費を不正受給していたという。
不正受給の回数は22件で受給額は84万円にのぼる。今年7月市が事業所に対し定期指導を実施したことで、問題が発覚した。かすがの杜の代表を務める男性は「認識していなかった」と説明しているという。


大分市の介護保険サービス事業者が、適切な人数の訪問介護員を確保せずに事業所の運営を行って、介護報酬を不正に受給したとして大分市は介護保険法などにもとづいてこの事業者の指定を取り消すことにした。

大分市によると、事業者としての指定を取り消されるのは、大分市東春日町にある合同会社南蛮堂

この会社では、去年5月に介護保険法と障害者総合支援法にもとづいて訪問介護事業などを行う事業者に指定され、それ以降、大分市で、「ヘルパーステーションかすがの杜」を運営していた。しかし、大分市がことし7月に実地指導を行った際、適切な人数の訪問介護員を確保せず、勤務実態のない人物を責任者にしていたことがわかったという。

こうしたことは法律違反に該当し、受け取った介護報酬は不正受給になる。
不正受給の金額は84万円余り。大分市は今月30日付けで、この会社の事業者としての指定を取り消すとともに、受け取った介護報酬の返還を求めた。大分市の聞き取りに対して「南蛮堂」は「勘違いしていた。認識がなかった。特に反論はない」と話しているという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/09/28

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |