FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.10.24 (Sat)

ホンマに*バカやろ

入所者の顔を職員が踏みつける、横浜の障害者施設

先月、横浜市泉区にある障害者施設で、職員の男性が知的障害がある入所者の男性の顔を踏みつけてけがをさせていたことが分かり、警察は傷害事件として捜査をしている。

傷害事件が起きたのは、社会福祉法人試行会が運営し横浜市泉区にある障害者が入所する施設ぽらいと・えき

施設の説明によると、先月27日、施設の体育館で、知的障害がある入所者の男性(20代)の肘が男性職員(21)に当たったという。男性職員は、入所者の男性に謝罪を求めたが、応答がなかったため腹を立て、入所者の男性の顔を踏みつけたという。入所者の男性は左目の下に7~8針縫う切り傷を負ったほか、頭を強く打つけがをした。

施設の聞き取りに対し、男性職員は「かっとなって顔を踏みつけてしまった」と話しているという。入所者の男性の家族は、被害届を提出していて、警察は傷害事件として捜査を進めている。



オマエさん 賢いな
https://twitter.com/mamiyac330


横浜市にある知的障害者の入所施設で、21歳の男性職員が入所者の顔を踏みつけてけがをさせていたことが分かり、横浜市は虐待の疑いもあるとみて調べている。

これは横浜市泉区にある知的障害者の入所施設ぽらいと・えきが22日、記者会見して明らかにしたもの。
それによると、この施設に勤務する21歳の男性職員が先月27日、施設内の共有スペースで20代の男性の入所者の顔を踏みつけて全治3週間のけがを負わせたという。入所者がけがをしていることに同僚の職員が気付き、施設側が一緒にいた男性職員から話を聞いたところ、暴行の事実を認めたという。

これまでの聞き取りに対して、「床に横たわっていた入所者を引き起こそうとした際、相手のひじが自分の顔に当たり、かっとなって顔を踏んでしまった」と話しているということで、施設では男性職員を自宅で謹慎させるとともに横浜市に報告し。

横浜市は虐待の疑いもあるとみて、職員や入所者から聞き取りをするなどして調べている。
会見した「ぽらいと・えき」の岩本克巳施設長は「けがをされたかたやご家族に深くおわびをするとともに、職員の研修を充実させるなどして再発防止に当たりたい」と話している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/10/24

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

社会福祉法人吉備の会ではこんなの当たり前です。バスから利用者を引きずり出して、馬乗りになって、殴っても、利用者に謝ったからと言って、お咎め無しです。
藤原珠樹 |  2015.10.24(土) 12:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |