FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.11.21 (Sat)

ありがとう*館山市の伊達直人さん

側溝ふたの穴埋めて! 「伊達直人」が館山市に毎年10万円寄付

館山市に「伊達直人」を名乗る人物が、ふるさと納税でこの五年間、毎年10万円を寄付している。「高齢者の安全のために」と道路脇の側溝ふたの穴埋めを求める。寄付などを原資に、市側がこれまで設置したゴム製の穴埋め用品の数は計1360個にのぼる。

市には2011年から毎年秋ごろ、伊達直人から10万円が寄せられるようになった。手紙も添えられ、「穴の開いている側溝は高齢者やつえを使う人には危険で、安全のためにも側溝ふたの穴を埋めてもらいたい」と求めているという。

側溝ふたには管理上、作業者が手を入れるスペースとして、または排水口の役割などから、小さな穴が開けられている。半面、高齢者がつまずいたり、つえが穴に入ってしまうなどの危険性もある。

市は伊達直人の意向を尊重。人通りの多い、JR館山駅や市役所がある中心市街地、北条地区の商店街を中心に側溝ふたの穴埋め作業をしてきた。

穴には、ゴム製用品のホールストッパー(縦約二十センチ、横約10センチの長方形型)を設置。手や足で押し込んでふさぐもので、市職員や商店街関係者らが協力して作業する。

2011~2013年度は各年10万円を元に、120個ずつで計360個、14年度は10万円に市が計上した補正予算40万円を上乗せして600個、15年度は10万円に市が19,5000円を上乗せして400個、それぞれ設置した。

2015年度分は今月17日、館山駅周辺で、市職員や商店街関係者ら15人で設置。市では「寄付は事前予想できないが、来年も寄せられた場合は(穴埋め)作業はしたい」としている。
気になる伊達直人の人物像だが、手紙には「北条地区(の商店)を使う高齢者」とも書かれているという。市では「市内在住で高齢の方ではないか」と推測している。 




2014年12月13日

「側溝のふたの穴を埋めてください」――。今年も「伊達直人」を名乗る人物から寄付があったのを受け、館山市は館山銀座商店街の側溝の穴にカバーを取り付ける作業をした。

寄付は4年連続4回目。「側溝の上を安心して歩けるように」と、今年も現金10万円が届けられた。市は寄付者の意向を尊重し、今回は市の財源を加えて計50万円で、穴埋めカバー600個を購入した。

取り付けられたのは、JR館山駅東口交差点から北条交差点(千葉銀行館山支店前)までの区間で、同商店街の店主や市職員らが一つひとつ手作業で設置した。

館山銀座商店街振興組合の秋山貴理事長は「毎年寄付をいただき、大変感謝している。歩行者や高齢者が安心して買い回りができる商店街にしたい」と話していた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/11/21

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |