FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.12.29 (Tue)

知的障害の女性に性的虐待*グループホームグレイス新南部

一般社団法人恵灯会
障がい者グループホーム グレイス新南部



知的障害の女性に性的虐待 運営法人を処分

熊本市のグループホームで知的障害者の女性に対して性的虐待があったとして、熊本市は25日付で、このグループホームを運営する法人を来年1月から一年間、新しい入居者の受け入れを停止する処分とした。

処分されたのは、熊本市東区新南部のグループホームグレイス新南部を運営する一般社団法人恵灯会

熊本市によると、今年5月から7月下旬の間に、グループホームに入居する知的障害のある女性に対して当時、施設の責任者だった60代の男性が性的虐待を行ったという。

女性が熊本市役所を訪れ、被害を訴えたことから発覚した。
男性は性行為をしたことについて「合意があった」としているが、女性は「嫌だと言った」と主張している。

熊本市は、二人の話には一致しない点もあるとしたうえで、「施設の責任者という立場で障害がある利用者との間で性行為に至ったことは重大な問題」として、性的虐待と判断し、恵灯会に対して、25日付で来年1月1日から1年間、新規の入居者の受け入れを停止する「一部効力停止処分」とした。




前代表が障害者に性的虐待 市が処分

熊本市は25日、施設入所者への性的虐待があったとして、一般社団法人恵灯会が運営するグループホーム「グレイス新南部」(熊本市東区)を来年1月1日から1年間、新規利用者の受け入れ停止処分にし、発表した。

市障がい保健福祉課によると、同法人の60代の男性前代表理事が施設管理者をしていた5~7月の間、知的障害のある入所者の女性と性行為を少なくとも1回行ったという。8月下旬、女性が市に相談して発覚。女性は「いやだと言ったが、断れなかった」と話しているほか、その後の調査で前代表が認めたことなどから、虐待と認定した。

前代表は責任を取り、8月末で辞職。市に対し、「魔が差した。大変申し訳ないことをした」などと話しているという。

施設はマンションの4、5階にあり、身体、精神、知的障害者14人が入所している。


グループホーム前代表理事認める 熊本市が行政処分

熊本市は25日、同市東区新南部にある障害者グループホーム「グレイス新南部」前代表理事の60代男性が、女性利用者に性的虐待をしたと発表した。市は施設を運営する社団法人「恵灯会」に来年1月から1年間、新規利用者の受け入れ停止を命じる処分を出した。

市によると、今年5〜7月の間、当時代表理事を務めていた男性が、知的障害がある女性利用者と女性の部屋で性行為をした。8月下旬に女性が市役所で相談して発覚。男性は「合意の上だった。行為は1度だけ」などと主張しているが、女性は「嫌だったが断れなかった。性行為は3回あった」としている。男性は市の聞き取り調査後、辞職した。

市は「代表理事という立場で障害を持つ利用者と性行為に至ったのは重大な問題で、虐待と判断した」と話している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/12/29

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

虐待ではなく、犯罪です。強姦です。どんな知的障害者かは知りませんが、重度で発情したら全裸で自慰行為をするようなのだったら、そんなのと出来る男はある意味凄いと思う。
匿名希望 |  2015.12.29(火) 21:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |