FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.06.20 (Thu)

小郡の障害者虐待:元次長に懲役1年6月求刑 「社会での更生限界」 地裁久留米支部公判 /福岡

小郡市の障害者就労支援施設「ひまわり」で通所者を虐待したとして、暴行罪に問われた同市の元支援次長、坂本静治被告(48)の論告求刑公判が19日、地裁久留米支部(大原純平裁判官)であり、検察側は懲役1年6月を求刑した。弁護側は執行猶予付き判決を求め結審。判決は7月5日に言い渡される。

起訴状などによると、2011年12年、知的障害のある50代の男性通所者の頭上に千枚通しを投げつけたり、エアガンを至近距離から撃つなどの暴行を加えたとしている。

公判では、検察側証人として被害者の弟が出廷。坂本被告から謝罪文が届いたことを明かしたが、「誰かに言われて書いていると感じた。心から悪いと思っている文面ではなかった」と批判。「(公判で争われる事件以外に)表に出ていない問題がまだあると思う。刑務所に入ってほしい」と訴えた。

一方、被告人質問では、被告は「自分の行動が恥ずかしい」と反省の言葉を繰り返した。動機については「冗談半分でからかうためだったが、段々とエスカレートした。障害者に真摯(しんし)に向き合う姿勢がなかった」と述べ、今後福祉関係の仕事には就かないとした。

検察側は論告で「千枚通しは手元が狂えば失明の危険性もあった」などと悪質性を指摘。また、施設運営をするNPO法人「リブロ」理事長である被告の父が、職員に虐待の事実を指摘されたのに、有用な対応策を講じなかったことを踏まえ、監督能力に疑問があるとして、「社会での更生には限界がある」との見方を示した。弁護側は、被告は被害者側に被害弁償し、反省しているとして、情状酌量を求めた。
Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |