FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.03.29 (Tue)

Sアミーユ川崎幸町の元職員*暴行罪で懲役1年求刑

元職員に懲役1年求刑 転落死ホームでの暴行罪

入所者3人が平成26年に相次いで転落死した川崎市の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で、昨年6月に別の80代女性入所者をたたくなどしたとして、暴行罪で在宅起訴された山形県酒田市、施設元職員、渡部拓央被告(29)は28日、横浜地裁川崎支部(忠鉢孝史裁判官)の初公判で起訴内容を認めた。検察側は懲役1年を求刑し、即日結審した。判決は4月18日。

検察側は論告で、「要介護者を保護すべき立場の職員にあるまじき行為」と指摘。

弁護側は「過酷な労働環境が誘発した。懲戒解雇で既に制裁も受けた」と執行猶予付きの判決を求めた。
論告によると昨年6月11日、女性入所者の頭を手のひらで1回たたき、同月21日にも首を手でつかんだとしている。

転落死事件では、神奈川県警が25日、3人目の女性への殺人容疑で施設元職員、今井隼人容疑者(23)を再逮捕した。




入所者3人転落死の川崎老人ホーム 86歳女性に暴行で元職員3人を送検 2015年12月9日

入所者3人が昨年、相次いで転落死した川崎市幸区の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で、別の女性入所者(86)に暴行したりベッド脇の職員を呼ぶ装置を外したりしたとして、神奈川県警は近く、暴行容疑で元職員1人を、偽計業務妨害容疑で元職員2人を、それぞれ書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で9日、分かった。

女性の長男が室内に隠したカメラで暴行などの様子を撮影していた。
捜査関係者によると、今年6月、元職員1人は女性の頭をたたいて暴行した疑いがあり、元職員2人は職員を呼ぶためにベッド脇に取り付けられた装置を外した疑いが持たれている。

長男が撮影した映像には、職員が頭をたたき、女性が「私の頭をぶったからね。痛かった」と話す様子や、職員が女性を抱え上げて投げるようにしてベッド上に移動させる模様が写っていた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/03/29

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |