FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.04.17 (Sun)

株式会社イーリス*訪問看護ほうらいステーション ⇒指定取り消し

株式会社 イーリス
代表取締役 渋谷明日香
訪問看護ほうらいステーション


【不正受給】福島県「訪問看護ほうらいステーション」取り消し

福島県保健福祉部福祉監査課は3月17日、株式会社イーリス(渋谷明日香社長、本店:東京都中央区、支店:福島市蓬莱町)が福島市内で運営する「訪問看護ほうらいステーション」(山浦則子管理者、同市蓬莱町3-11-6)について、実際には勤務実態のない看護職員を働いているように見せかけるなどの不正な手続きで事業者指定を受けたり、介護報酬を不正に請求したりしたとして、その居宅サービス事業者と介護予防サービス事業者の県指定を取り消した。

県福祉監査課によると、同ステーションは昨年3月、居宅サービス事業者などの指定を受けるにあたって、実際には勤務していない看護職員3人が勤務する予定だと偽って申請し、営業開始。さらに同7月から11月にかけて、指定訪問看護の計画書を作成にあたっても基準に満たない無資格者である准看護師が訪問看護計画書を作成し、それに基づき利用者3人に対してサービスを提供し、計40件(22万2,190円)の介護報酬を不正に請求し受領したとされる。

今回の不正発覚のキッカケは昨年末の福島市からの通報にあった。「看護師が働いていない介護施設がある」との情報をもとに県が実施した調査のなかで、不正事実が次々と明るみに出ていった。そのうえ昨年12月の県監査の際にも虚偽の報告をしたこと、さらに現在に至るも「不正などしていない」などと反省の意をしめしていないことから、悪質性が高いとして今回の取り消し処分にもつながったとみられる。

ちなみに昨年12月から訪問看護ほうらいステーションの休止状態は続いているという。

以下、今回処分における取り消し理由・法的根拠など詳細は次のとおり。

【不正の手段による指定申請】(介護保険法第77条1項9号および115条の9第1項第9号に該当
当該事務所で勤務することを了承しておらず、また勤務する予定のない者を常勤看護職員であるとして勤務する予定であると記載した虚偽の勤務表を作成して指定申請を行ない、指定を受けた。

【監査時の虚偽報告】(法第77条第1項第7号および法第115条の9第1項6号に該当)
平成27年12月11日他に行なった監査において、平成27年3月から12月11日までの間、常勤の看護職員3名を配置していなかったにもかかわらず、常勤の看護職員3名を配置しているとの虚偽報告を行なった。

【介護報酬の不正請求】(法第77条1項6号に該当)
指定訪問看護は看護師など(准看護師を除く)が作成した訪問看護計画書に基づき提供しなければならいが、無資格である准看護師(平成27年7月から雇用した者)の指示により作成した訪問看護計画によりサービスを提供し、平成27年7月から11月までの間、3名の利用者に対して、40件、22万2,190円(うち保険給付費19万9,971円)の介護報酬を請求した。


介護保険法に基づく指定居宅サービス事業者及び指定介護予防サービス 事業者の指定取消しについて  平成28年3月15日

下記の事業者について、介護保険法第77条第1項及び第115条の9第1項に基づき指定居宅 サービス事業者及び指定介護予防サービス事業者の指定を取り消しますので、お知らせします。



1 対象事業者
(1) 法 人 名 株式会社イーリス(所在地 本店:東京都中央区 支店:福島市蓬莱町)
(2) 代 表 者 代表取締役 渋谷明日香

2 事業所名称、所在地及び取消対象となるサービス
(1) 事業所名称
ア 指定訪問看護事業所 訪問看護ほうらいステーション
イ 指定介護予防訪問看護事業所 訪問看護ほうらいステーション
(2) 所在地 福島県福島市蓬莱町3丁目11番6号
(3) サービスの種類 訪問看護及び介護予防訪問看護

3 指定取消年月日 平成28年3月17日

4 指定取消理由

(1) 不正の手段による指定申請(介護保険法(以下、法という)第77条第1項第9号及び法1 15条の9第1項第9号) 当該事業所で勤務することを了承しておらず、勤務する予定のない者を、常勤の看護職員と して勤務する予定であると記載した虚偽の勤務表を作成して指定申請を行い、指定を受けた。

(2) 監査時の虚偽報告(法第77条第1項第7号及び法第115条の9第1項第6号) 平成27年12月11日他に行った監査において、平成27年3月から12月11日までの 間、常勤の看護職員3名を配置していなかったにも関わらず、常勤の看護職員3名を配置し ているとの虚偽の報告を行った。

(3) 介護報酬の不正請求(法第77条第1項第6号) 指定訪問看護は看護師等(准看護師を除く)が作成した訪問看護計画書に基づき提供しなけ ればならないが、無資格である准看護師(平成27年7月から雇用した者)の指示により作成 した訪問看護計画によりサービスを提供し、平成27年7月から11月までの間、3名の利用 者に対して、40件、222,190円(うち保険給付費199,971円)の介護報酬を不 正に請求した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/11

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |