FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.05.13 (Fri)

NPO法人創裕会ワークスタジオ藍*コツコツと不正受給1000万円

NPO法人創裕会ワークスタジオ藍
理事長 浦嶋政彦
元事務長 浦嶋裕靖 



障がい者の支援行うNPO法人が不正受給

障がい者の自立支援などを行う金沢市のNPO法人がサービス利用の実態がない請求で市の給付費を不正に受け取っていたことがわかった。

不正な請求額は、わかっているだけで1000万円に上っている。
障がい者のための地域生活支援給付費を不正に請求していたのは金沢市高畠2丁目のNPO法人「創裕会ワークスタジオ藍」。

金沢市によると、この事業所は、実際には利用していない障がい者の入浴費や送迎費などを給付費として請求していた。
不正に受け取った額は、2年前の4月から去年8月までで合わせて1000万円以上となり、市では、それ以前にも不正があるとみている。また、警察は、事業所で請求書の作成、提出をしていた浦嶋裕靖容疑者(40)を11日、詐欺の疑いで逮捕している。浦嶋容疑者は容疑を認めているという。


福祉施設給付費を 容疑で元事務長逮捕 金沢

金沢市から福祉施設に支給される給付費約21万円をだまし取ったとして県警は12日、同市笠舞2、会社員、浦嶋裕靖容疑者(40)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。容疑を認めている。市の調査では不正請求額は約1000万円超に上る。

逮捕容疑は、金沢市高畠2の障害者福祉事業所「創裕会ワークスタジオ藍」(定員25人)で事務長を務めていた2014年5月中旬ごろ、利用実績のない2人が利用したとする虚偽の書類を市に提出し、同年4月分の給付費として約21万円をだまし取った疑い。

昨秋の市の監査で不正が発覚、今年2月に同事業所の登録を取り消した。今年5月に市が告訴していた。
山野之義市長は「大変遺憾で厳正に対処する。再発防止に努める」とコメントした。


おととしの4月から去年の8月にかけて、金沢市の障害福祉施設で利用者がいるように装い不正に給付金をだまし取っていたとして、NPO法人の元事務長が詐欺の疑いで逮捕された。不正受給の総額はおよそ1000万円にのぼるとみられる。

逮捕されたのは、金沢市高畠2丁目のNPO法人「創裕会」の元事務長・浦嶋裕靖容疑者40歳。
警察では浦嶋容疑者は創裕会が運営する障害福祉施設「創裕会ワークスタジオ藍」でおととし4月から去年8月までの間に4人が施設を利用したと装った請求書を金沢市に郵送し、およそ400万円の給付金をだまし取ったとみて調べている。

調べに対し、浦嶋容疑者は容疑を認めているという。不正受給は、去年秋の金沢市の監査で、請求書類のなかに施設の利用予定表に記録のない対象者がいたことから発覚したもので、警察では、不正受給額が少なくとも1000万円にのぼるものとみている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/05/13

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |