FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.05.31 (Tue)

ふざけんじゃねえぞ*社会福祉法人桃林会

また大阪か




社会福祉法人桃林会
理事長 園田信雄
大阪府摂津市鳥飼中1丁目19番8号




身内親族で
社会福祉法人を私物化に ・・・ そんなこと せえへんよなぁ
園田一族

身内親族で
福祉を食い物にする ・・・ そんなこと したんか?
園田一族

平成27年4月1日現在
社会福祉法人桃林会 現況報告書


我々の税金なんじゃ    返せよ  園田一族

理事長 : 園田謙雄  元白鷺園施設長
理事長職務代理 : 園田信雄  元松下電工役員
園田二  元とりかい保育園園長
園田和子  せっつ保育園園長
小林修  祥雲館施設長





前理事長が13億円不正流用 摂津市の社福法人、刑事告訴へ

特別養護老人ホームなどを運営する大阪府摂津市の社会福祉法人桃林会(とうりんかい)は30日、前理事長の男性(69)が金融機関から無断で金を借り入れるなどし、約13億円を不正流用していたと発表した。一部は飲食費や古美術品の購入に充てていたという。法人は近く業務上横領罪で前理事長を大阪府警に刑事告訴する。

法人によると、前理事長は平成16年から約12年間にわたり、法人名義で複数の金融機関から約11億円の融資を受けたが、金融機関には理事会の承認を得たと装った書類を提出。融資金は簿外通帳で管理して決算に反映させず、会計監査では見抜けなかったという。

前理事長は法人の調査に対し、飲食費や古美術品購入などに約1億1千万円を流用したほか、自身が設立した病院や有料老人ホームなどの運営資金に7億円以上を充てたなどと説明したという。今年1月、情報提供を受けて問題が発覚し、前理事長は退任した。




大阪府摂津市は30日、高齢者施設や保育園を運営する市内の社会福祉法人「桃林会」で2004年以降、少なくとも13億円が不正に経理処理されていたと明らかにした。法人は前理事長(69)に損害賠償を求めるとともに、業務上横領の疑いで府警摂津署に刑事告訴する方針という。 

市によると、前理事長は04年以降、独断で金融機関から法人名義で計約11億円を借り入れ、法人の了解を得ずに約7億円を事業運営につぎ込むなどした。また、約1億2000万円を個人的な飲食費や古美術品の購入に充てていたという。
今年1月、妻から前理事長の弟に相談があり、不正経理が発覚。法人は前理事長を解任して内部調査を行い、市や府も監査に入っていた。


元理事長 : 園田謙雄

大阪府摂津市の社会福祉法人は、前の理事長が個人の飲食代などにおよそ13億円を不正流用していたと発表しました。

摂津市で老人ホームや保育園を運営する社会福祉法人「桃林会」は30日の会見で前理事長が個人名義の新事業の立ち上げ費用や飲食代金などに、2003年以降、13億4000万円あまりを不正流用していたと発表した。

「桃林会」名義で金融機関から借り入れたお金などを充てていたという。
前理事長は、「飲み屋の代金や掛け軸などの古美術品に、およそ1億2000万円を使った」と説明していて、「桃林会」は近く、前理事長を業務上横領の疑いで刑事告訴する方針。




高齢者介護施設などを運営する社会福祉法人「桃林会」(大阪府摂津市)の前理事長(69)が、理事会の承認なしに金融機関から融資を受けるなど、少なくとも約13億円に上る不適切な経理処理をしていたことが30日、摂津市などへの取材で分かった。約1億1千万円を飲食代など私的に流用していたという。同会は前理事長を大阪府警に業務上横領容疑などで刑事告訴する方針。

同市などによると、前理事長は2004年~15年、理事会の承認なしに、府内などの複数の金融機関などから同会名義で融資を受けた。独断で借り入れた負債総額は今年1月時点で約11億9千万円で、他に同会の資金約1億4千万円を流出させており、不適切な会計処理は計約13億4千万円に上るという。

うち約1億1千万円は、掛け軸などの美術品購入や飲食費など私的に流用していた。約7億1千万円は個人的な事業への投資に充てていたという。

前理事長が今年1月、桃林会に「内密にしていた負債がある」と不正な融資や流用を説明。同会は内部調査を進め、今月30日までに大阪府と摂津市に調査内容を報告した。前理事長は1月23日に退任した。

【衝撃事件の核心】
「せこい」舛添氏と好対照…大胆すぎる〝公私混同〟 社福ワンマン理事長、13億円不正流用のカラクリ

特別養護老人ホームなどを運営する大阪府摂津市の社会福祉法人で5月、前理事長の男性(70)が約13億4千万円を不正流用していたことが明らかになった。法人や摂津市によると、金融機関から約11億7千万円を無断で借り入れて簿外で管理し、1億円以上を飲食代や古美術品の購入に流用。7億円余りは自ら設立した病院などの運営資金につぎ込んでいた。ワンマンといわれた前理事長は法人側に「わが法人の将来のために水面下で借金を重ねた」と説明したが、金の流れをみると、度を超した〝公私混同ぶり〟が浮かぶ。政治資金の公私混同問題で自ら辞職した前東京都知事の舛添要一氏が「せこい」なら、こちらはまさに「大胆不敵」だった。

妻のSOSで不正発覚
「夫が夜、眠れないと言っている。様子がおかしいんです」

1月中旬、前理事長(当時は現職)の妻からあわてた声で法人側に電話があった。すぐさま法人幹部が聞き取りをしたところ、前理事長は「実は内密にしていた負債がある。勝手に金を借りていたが、返せなくなった」と打ち明けた。

法人が調査を進めたところ、前理事長は平成16年から今年までの約12年間、法人名義で総額約11億7千万円を金融機関9行から無断で借り入れ、簿外口座で密かに管理していた。借り入れの際には、理事会の承認を得たように装った虚偽の書類を作成し、金融機関に提出する偽装工作までしていた。

法人が運営する診療所の資金約1億4千万円も簿外口座に入れていたが、前理事長が監査対象から外すよう指示していたため、今年まで発覚することはなかった。このほか、法人名義で企業や個人から借りて簿外口座に入れた約2080万円を合わせると、不正流用額は約13億4千万円に上った。

前理事長は1月下旬、退任した。

飲み代・掛け軸1億円超
一体、莫大な借入金は何に使っていたのか。

法人によると、金融機関からの借り入れが始まった16年ごろから、前理事長は法人の事業とは別に、個人で大阪府高槻市や大阪市、兵庫県などで老人ホームや病院など計6施設を設立。コンサルティング会社に運営を委託するなどし、それらの事業運営に約7億1千万円をつぎ込んでいた。しかし、大阪市の人工透析クリニックなどは経営が傾いて売却。残る施設も福井県の特別養護老人ホーム以外はすべて、昨年までに廃業に追い込まれた。

法人の調査に対し、前理事長は「将来的には(自分の事業を)法人の事業に加えるつもりだった」と釈明した。だが、流用先は事業だけではなかった。大阪の繁華街のバーでの飲食費や、掛け軸など古美術品の購入に約1億1千万円を充てていたことも認めた。

前理事長が法人に残した負債は少なくとも約12億7千万円に上る。法人名義で金を借りていたため、返済能力のない前理事長に代わって法人が背負うことになる。不幸中の幸いと言えるのか、法人に対して27年度に国や大阪府、摂津市から支出された補助金計約7600万円は流用された形跡がなかった。

法人は大阪府と摂津市に調査内容を報告。さらに弁護士らでつくる第三者委員会を設置して不正流用の経緯や金の使途を本格的に調査しており、前理事長を業務上横領罪で告訴する準備を進めている。

誰もモノ言えぬ存在
不正流用の舞台となった社会福祉法人は昭和27年、前理事長の父親が設立。前理事長は46歳だった平成4年、後を継いで理事長に就いた。

その後、保育園やデイサービスなどを次々と立ち上げては自らの権限を拡大。これまで年に複数回あった理事会の開催を年1回だけとすることや、約1億4千万円を流用した法人の診療所の口座を監査対象から外すことなどを決めた。法人職員の一人は「周囲がモノを言えない存在になっていた」と語る。

社会福祉法人の理事長は工夫次第で私腹を肥やすことが可能だ。権力が集中する理事長らによって社会福祉法人が食い物にされる実態は確かに存在する

大阪府内の別の社会福祉法人の男性理事はそう指摘し、社会福祉法人のトップはある種の“特権”を持っていると打ち明ける。

男性理事によると、社会福祉法人は、事業収入を社会福祉事業にしか原則支出できないなど資金の使途は規制されている。それゆえの信頼感からか、年度ごとに提出される「現況届」や都道府県の定期監査などで収支に不備が見つからなければ、不正経理が表面化することは少ないという。

一方で、理事長らが特権を生かして「袖の下」を受け取るケースもあるようだ。例えば、特別養護老人ホームでベッドや特殊な浴場設備などをリースで設置する場合、「契約を結んで毎月リース料を支払う代わりに、理事長ら経営陣が業者から毎月リベートをもらうこともある」(男性理事)という。

前理事長は、個人で運営していた病院の医療機器を業者からリースし、その代金にも不正流用した資金を充てていた。ただ、リベートを受け取っていたかは分かっていない。

行政の監督権限強化を
社会福祉法人の理事長らによる横領や不正流用は各地で相次いでいる。

兵庫県芦屋市の法人は今年6月、運営する保育園で、勤務実体がない理事長の母親が給与計約2200万円を受け取っていた疑惑が浮上。理事長の長女宅の家具などの購入代約170万円を園の備品購入代に偽装するなどして支出していたことも明らかになった。

また昨年4月には、大阪府高槻市の法人が運営する保育園で、元女性園長が領収書を偽造するなどの手口を繰り返し、運営費約4900万円を着服していた。園には出納担当の職員もいたが、経費の管理は元園長が実質的に行っており、職員が内部告発するまで表面化しなかった。

カネ絡みの不祥事が相次ぐ背景には、社会福祉法人トップへの権力集中が浮かぶ。不正を未然に防ぐための手立てはあるのか。

前出の男性理事は「不正が明るみになれば社会福祉法人のマイナスイメージにもつながる。資金の管理を理事長らトップだけに任せるのは避けるべきだ」と指摘。「社会福祉法人だけでなく、行政による指導・監督権限を強化しなければ不適切な行為はなくならないだろう」と話した。




1億3千万を無断で借り入れ 背任容疑で社福法人元理事長逮捕 2017年11月30日

特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人桃(とう)林(りん)会(大阪府摂津市)の名義で不正に1億3千万円を無断で借り入れて損害を与えたとして、大阪府警捜査2課は30日、背任の疑いで、元理事長、園田謙雄容疑者(71)=同市鳥飼中=を逮捕した。

逮捕容疑は、理事長だった平成26年7月、理事会の決議や承認を得ずに議事録などを銀行に提出し、1億3千万円を借りて桃林会に損害を与えたとしている。

府警によると、園田容疑者は借りた金のうち約1億円で買収した兵庫県西宮市の介護サービス会社の社長に就任。残りの金の使途は分かっておらず、同社はすでに破綻している。

園田容疑者は「買収した会社の事業は桃林会の事業にするつもりだったし、損害を与える目的はなかった」と容疑を否認しているという。

桃林会をめぐっては、園田容疑者が約13億円を不正に流用していたことが内部調査で判明し、同法人が今年3月、府警に刑事告訴していた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/06/13

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(2) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

老人は金の成る木と思って、法人を設立したので、理事長の権限で金を作った。
名無しさん |  2017.12.01(金) 05:59 |  URL |  【コメント編集】

■これも深刻なことですね

一族ですか ・・・・・
匿名 |  2016.12.21(水) 08:52 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |