FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.07.29 (Fri)

忙しくて*虚偽記録で介護報酬を不正請求 ⇒ ヘルパーセンター正雀

虚偽記録で介護報酬を不正請求 指定取り消し、運営法人に4700万円返還請求へ

虚偽のサービス提供記録を作り、介護報酬を不正請求したなどとして、大阪府は29日、介護保険法に基づき、摂津市の訪問介護事業所「ヘルパーセンター正雀」の指定を取り消した。府は運営する法人「カインド」(同市)に、不正請求額に加算金を含めた約4700万円の返還を求める。

府によると、同事業所は平成26年4月~27年10月、サービスを提供していないヘルパー名を記した虚偽のサービス提供記録を作るなどし、利用者計32人分の介護報酬約3365万円を不正請求したという。

昨年11月、府の定期調査で不正が発覚。事業所は府の聞き取りに「忙しくて(適正な記録の作成などに)手が回らなかった」と話している。



3300万不正請求の介護事業者、摂津市が処分 新規利用者の受入停止6カ月 8月17日

摂津市は16日、虚偽のサービス提供記録で介護報酬を不正請求していたとして、同市正雀本町の「デイサービスセンターカインド」に対して、介護保険法に基づき新規利用者の受け入れ停止と「地域密着型サービス費」(介護報酬)の請求枠3割減の処分を行った。期間は、9月1日から6カ月間。

また、市は運営事業者「カインド」に対して、摂津市利用者分9912円をはじめ、茨木市利用者分8万2339円に加算金3万6899円を加えた計12万9150円の不正請求額の返還を求めた。

同法人をめぐっては、府が7月29日、同法人運営の訪問介護事業所「ヘルパーセンター正雀」(摂津市)の指定を取り消すとともに、同法人に不正請求額に加算金を含めた約4700万円の返還を求めている。

府によると、同事業所は平成26年4月~27年10月、虚偽のサービス提供記録を作るなどして、利用者計32人の介護報酬約3365万円を不正請求したという。

大阪府は、介護保険法の規定により、指定居宅サービス事業者の指定の取消及び効力の停止を行いましたのでお知らせします。

1 指定取消等対象事業者

(1) 法人名 株式会社カインド

(2) 代表者 代表取締役 梶間 嘉一郎(かじま かいちろう) 

(3) 申請所在地  摂津市正雀本町一丁目29番3号


2 事業所名称及び所在地

(1) 事業所名称 ヘルパーセンター正雀(指定訪問介護事業・指定介護予防訪問介護事業)
デイサービスセンターカインド(指定介護予防通所介護事業)

(2) 申請所在地  摂津市正雀本町一丁目29番3号

(3) 指定年月日 平成23年11月1日(指定訪問介護事業・指定介護予防訪問介護事業)
 平成23年8月1日(指定介護予防通所介護事業)


3 取消等処分年月日

平成28年7月29日


4 処分の内容

(1)ヘルパーセンター正雀( 指定訪問介護事業・指定介護予防訪問介護事業)は指定の取消

(2)デイサービスセンターカインド(指定介護予防通所介護事業)は指定の一部効力停止


5 指定取消の理由

【訪問介護】

(1)運営基準違反(介護保険法第77条第1項第4号該当)

訪問介護サービスの提供にあたっては、居宅サービス計画(以下ケアプランという)に基づいた訪問介護計画を作成すべきにも関わらずこれを怠り、ケアプランのみに位置づけられた訪問介護サービスを提供した。また、ケアプランが変更されているにもかかわらず、訪問介護計画の必要な計画の変更等を行っていなかった。(平成26年4月から27年10月まで利用者5名分)
訪問介護サービスを提供した際に作成すべき、サービス提供記録を作成せず介護報酬を請求した。(平成26年4月から27年6月まで利用者32名分)

(2)介護給付費の不正請求及び虚偽報告(同法第77条第1項第6号及び第7号)

居宅サービス計画に位置づけられたサービスを行っていないにも関わらず、虚偽のサービス提供記録を作成し介護報酬を不正に請求した。(平成27年7月から9月まで利用者6名分)

【介護予防訪問介護】

(1)法令違反(介護保険法第115条の9第1項第9号該当)
指定介護予防訪問介護事業所と一体的に運営されている指定訪問介護事業所において、上記のとおり介護保険法第77条第1項第4号、第6号及び第7号に該当する違反行為を行った。


6 効力の停止の理由
法令違反(介護保険法第115条の9第1項第9号該当)
指定介護予防通所介護事業所と一体的に運営されている指定地域密着型通所介護事業所において、介護保険法第78条の10第13項に該当する違反行為を行った。


7 事業者に対する経済上の措置

(1) 経済上の措置として、法人から保険者である市に対し不正に受け取っていた介護給付費33,641,291円(訪問介護、介護予防訪問介護)を返還させるほか、介護保険法第22条第3項の規定により返還させる額に100分の40を乗じて得た加算額を支払わせる。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/08/17

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |