FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.05.19 (Thu)

言うことを聞かないので殴った*飯沼病院の看護助手

「言うこときかない」と入院患者の腹殴る 52歳看護助手の男を暴行容疑で逮捕

入院中の男性患者を殴ったとして、警視庁板橋署は18日、暴行容疑で、東京都練馬区東大泉の看護助手、石崎景一朗容疑者(52)を逮捕した。「言うことをきかないので殴ってしまった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は、3月2日午後4時40分ごろ、板橋区常盤台の勤務先の病院で、ベッドで横たわっていた男性(61)の腹を複数回殴ったとしている。男性にけがはなかった。

3月下旬ごろ、犯行の様子を目撃した病院関係者から同署に相談があり、事件が発覚。事件当時、石崎容疑者は男性に夕食の配膳(はいぜん)をしていたといい、同署は何らかのトラブルがあったとみて動機を調べるとともに、他にも暴行を受けていた患者がいないか確認する方針。


東京・板橋区の病院で、寝たきりの入院患者の腹を殴ったなどとして、52歳の看護助手が暴行の疑いで警視庁に逮捕された。

逮捕されたのは、東京・板橋区にある「医療法人社団清和昌綾会飯沼病院」の看護助手、石崎景一朗容疑者(52)で、警視庁の調べによるとことし3月、病室のベッドで61歳の入院患者の男性の腹を数回殴るなどしたとして、暴行の疑いがもたれている。

警視庁が病院側からの相談を受けて捜査を進めたところ、暴行の様子が目撃されていたことがわかり、石崎容疑者が関わったとして、18日逮捕した。

これまでの調べによると、男性は寝たきりの状態で、石崎容疑者は男性の担当者の1人だったという。
警視庁によると、調べに対し、石崎容疑者は容疑を認め「言うことを聞いてくれないので殴った」などと供述しているということで、警視庁が詳しいいきさつを調べている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/09/24

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |