FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.09.24 (Sat)

近頃の看護師はレベルが低くなったのか



看護師がインスリン過剰投与=10倍量、80代女性死亡―長崎

国立病院機構長崎川棚医療センター(長崎県川棚町)は23日、20代の看護師が誤って、糖尿病の80代女性に本来投与すべき量の10倍のインスリンを投与し、女性が死亡する医療事故があったと発表した。

同センターによると、女性は感染症や糖尿病のため8月8日に入院。31日午前0時半に大量のインスリンが投与され、同日午前9時ごろ心肺停止状態で発見され、死亡が確認された。

看護師は専用の注射器を使用せず、投与前の複数人での確認も怠った上、女性の血糖値を測らずに架空の数値を2回にわたりカルテに記載していた。看護師は「初めてやると知られたくなかった。1人でもできると思った」と話しているという。

宮下光世院長は「大変遺憾で心からおわびする。調査を進め再発防止に努めたい」と話した。 




国立病院機構長崎川棚医療センター(長崎県川棚町)は23日、80代の女性患者に糖尿病治療薬のインスリンを必要量の10倍投与する医療ミスがあったと発表した。女性はその後死亡。解剖ができておらず因果関係は不明だが、病院側は女性が回復傾向にあったとして、過剰投与と死亡に「なんらかの影響があった」とみている。病院側はミスについて県警に届け出た。

医療センターによると、女性は糖尿病などを患い、8月8日に入院。インスリンを含む栄養補給の点滴を受けていた。

8月30日夜に、20代の看護師が医師の指示の10倍の量のインスリンを点滴で投与。女性は点滴から約8時間後の31日朝に死亡が確認された。看護師は専用の注射器を使わず、センターの手順で定められている複数人でのチェックも怠っていた。看護師は点滴を通してのインスリン投与は初めてだったが「自分一人でもできると思った」と話しているという。また、女性の血糖値を測定せずに架空の数値をカルテに記録していたことも判明。看護師は「女性の状態が安定していたので異状はないと思って測定しなかった」と話しているという。

医療センターは、医療事故調査・支援センターに報告し、第三者による検証を行うという。




先月、長崎県川棚町にある長崎川棚医療センターで、糖尿病の治療などで入院していた80代の女性患者が、必要な量の10倍のインスリンを投与され、その後死亡していたことがわかった。センターは、死亡との因果関係は不明だとしているが、遺族に経過を説明し謝罪した。

長崎川棚医療センターによると、先月31日の未明、糖尿病などの治療で入院していた80代の女性が、血糖値を下げるインスリンを投与され、およそ8時間後に死亡しているのが見つかった。
センターが詳しい経緯を調べたところ、20代の看護師が、本来より大きな注射器で、必要な量の10倍のインスリンを投与していたことがわかったという。

センターでは、インスリンを投与する際、看護師が2人1組で確認することになっているが、この看護師は1人で投与していたということで、調査に対し「インスリンの投与が初めてだったことを同僚に知られたくなかった」と話したという。さらに、この看護師は、投与の前日の夜と当日の朝に行うことになっている血糖値の測定をせず、カルテには測定したように装った数値を書いていた。

センターは、インスリンの過剰投与と死亡との因果関係は不明だとしているが、遺族に経過を説明し謝罪した。会見した長崎川棚医療センターの宮下光世院長は「大変遺憾な行為だ。さらに調査を進め、再発防止に努めたい」と述べた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/09/24

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |