FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.10.31 (Mon)

株式会社笑美*ほほえみケア行政処分

宮城県は、10月27日、介護報酬の不正請求が認められたとして、亘理町の居宅介護支援事業所を指定の一部の効力の停止処分にすると発表した。
これにより、同事業所は11月1日より3カ月間、新規利用者の受け入れができなくなる。

介護サービス事業者に対する行政処分について

介護保険法(平成9年法律第123号)に基づき,県が指定した介護サービス事業者について,下記のとおり指定の一部の効力を停止することとしましたのでお知らせします。

(1)法人名:株式会社笑美(かぶしきがいしゃえみ)

(2)法人所在地:亘理町逢隈田沢字鈴木堀59番地4

(3)事業所名:ほほえみケア(居宅介護支援事業所)

(4)事業所所在地:亘理町逢隈田沢字鈴木堀59番地4

(5)サービスの種類:居宅介護支援(※1)(平成22年11月1日指定)

(※1): 居宅の要介護者が日常生活を営むために必要な介護サービス等を適切に利用できるように,ケアプラン(居宅サービス計画)作成や,ケアプランに基づき介護サービスを提供する事業者等との連絡調整など,ケアマネジャー(介護支援専門員)が行う業務。

処分の内容

指定の一部の効力の停止
(平成28年11月1日から平成29年1月31日までの3か月間,新規利用者の受入れを停止する)

処分理由

指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準等を定める条例施行規則(平成27年宮城県規則第15号)に定めるモニタリング(居宅サービス計画に基づくサービス提供状況の把握)の結果を記録していない等の基準違反(※2)が継続していた。当該基準違反の場合には介護報酬を減算(※3)して請求しなければならないが,そのことを認識していながら減算せずに請求し受領していた。このことは,不正請求に当たる。

(※2): 指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準等を定める条例施行規則(平成27年宮城県規則第15号)において,居宅介護支援事業所のケアマネジャーは,ケアプラン作成後,モニタリングするため,月1回以上,利用者宅を訪問し,モニタリングの結果を記録しなければならないと定められている。
(※3): 上記基準違反の場合には,介護報酬を50%に減算して請求しなければならないとされている。また,当該基準違反が2月以上継続している場合には,介護報酬を算定しない(請求できない)こととされている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/10/31

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |