FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.11.29 (Tue)

幼稚園・保育園*送迎バスの車両安全対策をとりまとめたガイドライン*国土交通省

国土交通省自動車局
幼児専用車の車両安全性向上のためのガイドライン
 平成25年3月26日

ガイドラインの趣旨
幼児専用車の使用実態も考慮しつつ、新車に対する安全対策について整理・評価し自動車製作者等が幼児専用車を開発するときの方向性等を示すもの。

また、現在幼児専用車に装備される幼児用座席に適した座席ベルトが存在しないことから、本ガイドラインの策定を機に、今後、幼児用座席に適した座席ベルトが開発されることを促すもの。

既に使用者が行っている安全運行への様々な対策を考慮し、安全対策を義務付けるのではなく、使用者が安全対策を講じた車両も選択できるようにすることが本ガイドラインの目的。


幼児専用車の幼児用座席に対する主な安全対策

12_987kkkc9o.jpg

>幼児専用車に係る事故実態
>幼児専用車の保有台数あたりの事故発生率
>幼児専用車の事故の衝突部位
>負傷者の傷害部位
>幼児専用車乗員の傷害状況
>事故分析のまとめ
>衝突時の幼児の挙動(衝突実験結果)
>新車に備えるべき安全対策

シートバックの後面に緩衝材を装備
シートバックの高さを現状より100mm 程度アップ
座席ベルトは、幼児専用車の幼児用座席に適した座席ベルトが開発されるまで、装備を求めず
座席間隔は、現状のまま



国土交通省自動車局
幼児専用車の車両安全性向上のためのガイドライン
 平成25年3月26日
園児バスにもシートベルト義務化 国交省方針 平成24年8月18日

国土交通省は18日までに、幼稚園や保育園の送迎バスに使われる「幼児専用車」の安全対策を強化するため、現行で義務付けられていない座席のシートベルト設置を検討する方針を決めた。

有識者会議で来年3月までに結論を出したい考えだが、体格差が比較的大きい幼児に適用するベルトの基準づくりなどの課題も多い。

乳幼児を乗用車に乗せる際はチャイルドシートが必要なのに対し、幼児専用車にシートベルト設置の義務付けがないのは、車両火災などの緊急時対応が主な理由。乗用車では同乗の大人の助けで幼児が脱出しやすいが、幼児専用車は運転手や引率教諭らに比べて園児が多い。このためシートベルトの義務化では子どもでも外しやすいベルトの開発も求められる。

国交省によると、2003~08年に幼児専用車でけがをした子どもは全国で569人に上る。死者はなく大半が軽傷だが、重大なけがにつながりかねない頭や顔、首を前の座席にぶつけるケースも目立った。

シートベルトを着けないと車外に放り出される危険性が高まる。このため、保護者からは幼稚園や保育園のバスにも義務付けを求める声があり、国交省担当者は「幼児の安全確保には体を座席に固定することが重要で、シートベルトが最も効果的」と指摘している。

一方、幼児の体格差から、ベルトの形状やサイズの共通基準を定めるのは難しい。体に合ったベルトを適切に使用できないと、首やおなかが締め付けられ、かえってけがの原因になりかねないため、これらの対策もシートベルト導入の課題となる。

有識者会議ではこのほか、幼児が前の座席にぶつからないよう座席の前後間隔を広げたり、背もたれにクッションを付けたりすることも検討。これらを組み合わせた対策を取りまとめる方針だ。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/11/29

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |