FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.09.30 (Fri)

市民からの寄付金は園の職員の心のケアへ ・・・??

やまゆり園事件 寄付はソフト面に活用 県方針

19人が刺殺され、27人が負傷した相模原市緑区の県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」の再生について、県は29日の県議会常任委員会で、民間からの寄付は施設建て替えには使わずに、職員の心のケアといったソフト面に活用する方針を示した。

県保健福祉局の担当者は「施設は、設置者の県が責任を持って建て替えるべきだと考えている。寄付金は園の職員の心のケアなど機能回復や、幅広く障害者施策推進に活用したい」と答弁した。

黒岩祐治知事は23日の会見で、建て替え資金として募る方向性に言及していたが、その場合は受け皿として、新たな基金をつくる必要があることなどから、当面は一般的な寄付として「ふるさと納税」制度を窓口に受け付けるという。

建て替えの工程は、来年度から園の管理棟と居住棟2棟(計延べ約7700平方メートル)を取り壊し、2019年度に新施設建設に着工、20年度末の完成を目指す。60億~80億円の費用を見込んでいる。県側はこの日の答弁で、新施設は現状よりも大きい延べ計約8300平方メートル規模を想定していることを明らかにした。現在の設備基準に合わせ、相部屋を個室にするためとしている。

一方、委員会では園を運営するかながわ共同会がまとめた、事件の「中間報告書」が資料提出された。ただ当日の状況などは「捜査情報に関わる」として非公開だった。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/12

Blog Top  | 社会福祉法人かながわ共同会まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |