FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.07.28 (Thu)

津久井やまゆり園*防犯カメラ16台+110番通報 ⇒ 誰が監視するの?

相模原殺傷 園側は苦渋の対応 防犯カメラ16台設置も常時監視はできず

「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺され26人が重軽傷を負った事件で、施設の運営団体が27日記者会見し、植松容疑者が措置入院から退院して以降、防犯カメラ16台を設置するなど、警戒態勢を強化した経緯を明らかにした。警察と連携しながらもカメラは常時監視体制でなく、発生当時、警備員は仮眠中で事件に気付かなかった。幹部らは苦渋の表情を見せた。

運営する社会福祉法人「かながわ共同会」によると、植松容疑者は2月、職員に「重度障害者は安楽死させたほうがいい」などと発言し措置入院。3月2日に退院した。この日、施設近くで植松容疑者が車に乗っているのを職員が目撃したため、園の固定電話と携帯電話から110番通報すると自動的に植松容疑者に関わるトラブルと分かるよう通報システムに登録した。職員らには「夜勤時に訪ねてきても中に入れず110番を」と通達が出ていたという。

4月下旬には施設建物の外に10台、建物内のエレベーターホールなどに6台の防犯カメラを設置。しかし24時間の監視体制ではなかった。

6月4日に実施した園の行楽行事では植松容疑者を警戒するため職員を巡回させた。入倉かおる園長(59)は「彼が現役のころ担当していた行事なので来るのではと不安だった。同僚職員に本人から遊びにいきたいと連絡があったら諭(さと)そうと話していた」。しかし来訪の連絡はなかったという。

植松容疑者が2月、衆院議長公邸に持参した犯行を予告する手紙には、同園など二つの障害者施設名が書かれ「職員の少ない夜勤に決行致します」と明記していた。

会見では県警から「自分の希望が通らないと危害を加える」という程度の説明しか受けていなかったと説明。赤川美紀常務理事は「利用者に危害を加えるという、迫ってくるような危機感には至っていなかった」と声を落とした。




神奈川県が設置した定員160人(短期含む)の施設
2階建てで 社会福祉法人かながわ共同会が2005年から指定管理者として運営

13-19xxzc_mkju.jpg

事件当時 知的障害者ら157人が入所していた 職員8人と警備員がいた

植松容疑者は居住棟1階の窓ガラスを割って入ったと供述

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/12

Blog Top  | 社会福祉法人かながわ共同会まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |