FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.02.28 (Tue)

許可を得ず有償運送 ⇒ 白タク行為 ⇒ 社会福祉法人青山会



社会福祉法人青山会
理事長 東口謠子
大阪府東大阪市西岩田四丁目9番8号



無許可で送迎 1億5000万円を不正受給*指定取り消し

知的障害者らの外出支援事業で市の補助金など約1億5000万円を不正受給したとして、東大阪市が28日、社会福祉法人青山会が運営する介護事業所「ハッピークラブ」(同市旭町)の事業者指定を取り消したことが分かった。市などが明らかにした。事業所の車で利用者らを送迎していたが、介護タクシーの許可などを得ておらず、事実上の白タク行為だった。

市などによると、不正があったのはガイドヘルパーが買い物などで利用者を引率する移動支援事業。過去5年間で、市の地域生活支援事業補助金約1億1000万円を不正に受給した。ホームヘルパーが自宅から病院などに送迎する居宅介護事業でも、介護給付費約4400万円を不正に得ていた。いずれも利用者からは料金を取っていなかった。

事業所が利用者を車両で送迎する場合、道路運送法に基づき、介護タクシーの許可や福祉有償運送の登録が必要だが、手続きをしていなかった。福祉有償運送では、国が定めた安全講習を受けた有資格者が運転。白タク行為は危険性があるため、許可・登録制になっている。同法人はワゴン車3台を送迎に使い、利用回数は計約5000回に上った。

2009年の監査でも同様の指摘を受けており、同法人は既に約1億1000万円を市に返納。同法人の幹部は「利用者のためだと思って続けてしまった」と釈明している。




障害者のためなら なんでもアリか?
法を順守する
アタリマエのこと

平成29年3月14日
指定障害福祉サービス事業者の指定の取消しについて
東大阪市は、下記の事業者について、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(以下「法」とする。)に基づく指定を取消しましたので、お知らせします。



1 対象事業者
(1)法 人 名 社会福祉法人 青山会
(2)代 表 者 理事長 東口謠子
(3)所 在 地 東大阪市西岩田四丁目9番8号

2 事業所名称及び所在地
(1)名称 ハッピークラブ
(2)事業種別 居宅介護、重度訪問介護
行動援護
移動支援
(3)所在地 東大阪市旭町20番2号
(4)指定年月日 居宅介護、重度訪問介護:平成18年10日1日
行動援護:平成23年 2月1日
登録年月日 移動支援:平成24年10月1日

3 指定及び登録の取消の年月日
平成29年3月31日

4 処分の理由
【居宅介護】
(1)介護給付費の請求に関する不正【法第50条第1項第5号に該当】
・不当なサービス提供方法により支援を実施しているにも関わらず、平成24年2月から平成28年8月の間で、介護給付費を不正に請求し受領した。
(2)人員基準違反【法第50条第1項第3号に該当】
・事業所において必要とされるサービス提供責任者の人員数が満たされていなかった。
(3)運営基準違反【法第50条第1項第4号に該当】
・管理者が従業者及び業務の一元的管理を行っていなかった。
(4)障害福祉サービスに関する不正又は著しく不当な行為【法第50条第1項第10号に該当】
・サービス提供記録において、請求に合わせるため虚偽の記録を作成した。
・サービス提供責任者の変更届において、必要員数を満たすため虚偽の内容を届け出た。

【重度訪問介護】
(1)人員基準違反【法第50条第1項第3号に該当】
・事業所において必要とされるサービス提供責任者の人員数が満たされていなかった。
(2)障害福祉サービスに関する不正又は著しく不当な行為【法第50条第1項第10号に該当】
・サービス提供責任者の変更届において、必要員数を満たすため虚偽の内容を届け出た。
・同一事業所にて一体的に運営されている指定居宅介護事業所及び指定行動援護事業所において不正請求等違反が行われた。

【行動援護】
(1)介護給付費の請求に関する不正【法第50条第1項第5号に該当】
・不当なサービス提供方法により支援を実施しているにも関わらず、平成24年2月から平成28年8月の間で、介護給付費を不正に請求し受領した。
(2)人員基準違反【法第50条第1項第3号に該当】
・事業所において必要とされるサービス提供責任者の人員数が満たされていなかった。
(3)運営基準違反【法第50条第1項第4号に該当】
・管理者が従業者及び業務の一元的管理を行っていなかった。
(4)障害福祉サービスに関する不正又は著しく不当な行為【法第50条第1項第10号に該当】
・サービス提供記録において、請求に合わせるため虚偽の記録を作成した。
・サービス提供責任者の変更届において、必要員数を満たすため虚偽の内容を届け出た。

【移動支援】
(1) 当該事業所において、同事業所が行う居宅介護等障害福祉サービス指定取消処分を受けた為【東大阪市移動支援事業実施要綱第9条第1項】

5 事業者に対する経済上の措置
【東大阪市】介護給付費に係る返還額 44,668,926円
加算額 17,867,570円
合計額 62,536,496円

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/03/27

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |