FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.03.02 (Thu)

指定取消し*NPO法人悠ゆうの郷+とっとり福祉サービス有限会社

鳥取県は2月23日、介護給付費の不正請求があったとして、鳥取市内の通所介護施設「悠ゆうの郷」と、訪問介護施設「とっとり福祉サービス指定訪問介護事業所」に対して指定取り消し処分を行うと公表した。


特定非営利活動法人悠ゆうの郷
理事長 瀧 満
鳥取市青谷町蔵内153-1
通所介護施設 悠ゆうの郷

「悠ゆうの郷」は「サービスを中断した利用者がいたにもかかわらず通算した利用時間で請求」「利用時間を多く見せかける」といった不正請求を行っていた。不正請求額は744万3,850円。
また、2012年1月から2016年2月にかけて、勤務実態のない看護師を勤務しているかのように虚偽の勤務表を作成。看護師人員欠如減算をせずに請求した。

指定取消年月日:平成29年2月20日
指定取消の理由
平成24年1月から平成28年2月の間に次のような不正請求を行った。
・勤務実態のない看護師を配置した虚偽のシフト表を作成し看護師人員欠如減算(3割)をせず請求。
・利用者1人に対し利用時間が2時間未満にもかかわらず、2時間以上の単価で請求。
・利用者7人に対し利用を中断したにもかかわらず、通算した利用時間で請求。 また、職員シフト表等の虚偽報告と監査時に虚偽答弁を行った。
◇不正請求額 7,443,850円



とっとり福祉サービス有限会社
代表者 四宮佑一
鳥取市行徳3丁目317
訪問介護施設 とっとり福祉サービス指定訪問介護事業所
管理者 武内伸子

「とっとり福祉サービス指定訪問介護事業所」は、2015年3月から10月にかけて、サービスを利用していない8人に対し、サービス提供をしたと偽りの記録を作成し、不正請求を行った。不正請求額は151万4,040円。

指定取消年月日:平成29年3月21日
指定取消の理由
平成27年3月から平成27年10月の間に次のような不正請求を行った。 ・利用者8人に対しサービス提供したように装った活動記録を作成し、請求。
・利用者8人に対し事実と異なるサービス提供時間、訪問介護員で活動記録を作成し、請求。
・また、活動記録の虚偽報告を行った。
◇不正請求額 1,514,040円

県東部福祉保健事務所は23日、鳥取市青谷町蔵内のNPO法人「悠ゆうの郷(さと)」など2事業者が介護給付費の不正請求をしたと発表した。

同事務所などによると、通所介護事業所の悠ゆうの郷は2012年1月~16年2月、看護師欠員に伴う減算手続きをしないで介護給付費を請求していた。利用者の通所時間の水増しなどもあり、不正請求額は約744万円に上った。県は20日付で指定を取り消し、保険者の鳥取市は介護保険法の時効で消滅した分を除く531万6267円(加算金を含む)を返還請求した。

また、鳥取市行徳3の訪問介護事業所「とっとり福祉サービス」は、実態と異なるサービスを提供したとする活動記録を基に約151万円を不正請求した。3月21日付で指定を取り消す。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/03/02

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |