FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.03.31 (Fri)

不正請求で指定取り消し*株式会社糠部会+ライフサポート絆

株式会社糠部会
代表取締役 佐藤逸郎
青森県三戸郡三戸町大字斗内字田屋の下66-1
ライフサポート絆介護ステーション
ライフサポート絆

不正請求 介護事業者指定取り消し

青森県は30日、介護保険法に基づき、糠部会(三戸町)が運営する指定訪問介護事業所「ライフサポート絆介護ステーション」と指定居宅介護支援事業所「ライフサポート絆」(ともに同町)の介護保険事業者の指定を取り消した。

介護ステーションは2014年9月~15年8月、利用者15人に食事を提供したように装うなどの虚偽の記録を作成し、居宅介護サービス費約201万円を利用者が住む三戸、田子両町に不正請求した。絆は13年4月~16年1月、運営基準に適合していないため、本来は減額すべき居宅介護サービス費約128万円を三戸町に不正に請求した。

両町は時効分を差し引き計288万円の返還を求める。


青森県は三戸町にある2つの介護事業所が実際には行っていない介護サービスを行ったように虚偽の申請を行い、介護報酬を不正に受け取っていたとして、運営する三戸町の会社に対し事業の指定を取り消す行政処分を行った。

処分を受けたのは、いずれも三戸町斗内にある訪問介護サービス事業所「ライフサポート絆介護ステーション」と居宅介護サービス事業所「ライフサポート絆」を運営する株式会社糠部会。

青森県によると、2つの事業所は平成26年9月から1年間にわたり、実際には行っていない介護サービスを行ったように虚偽の記録を作成したほか、平成25年から3年近くの間、実際には行っていないサービスの実施状況の確認を行ったように、虚偽の記録を作成して、利用者のべ20人分の介護報酬およそ340万円を不正に受給した。

おととし7月、利用者から相談を受けた県が書類の確認や職員への聞き取りを行って不正が明らかになり、県は30日付けで2つの施設を運営する「糠部会」の指定を取り消した。
県によると「糠部会」は、不正受給を認めているという。

介護保険法に基づく介護保険事業者の指定取消しについて

介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)に基づき、下記のとおり介護保険事業者の指定を取り消した。



1 開設者名 株式会社糠部会
2 代表者 代表取締役 佐藤逸郎
3 所在地 三戸郡三戸町大字斗内字田屋ノ下66番地1

4 対象事業所
(1)指定訪問介護事業所及び指定介護予防訪問介護事業所
ア 事業所名 ライフサポート絆介護ステーション
イ 所在地 三戸郡三戸町大字斗内字田屋ノ下66番地1
ウ 指定年月日 平成23年8月1日

(2)指定居宅介護支援事業所
ア 事業所名 ライフサポート絆
イ 所在地 三戸郡三戸町大字斗内字田屋ノ下66番地1
ウ 指定年月日 平成23年7月1日

5 指定取消年月日 平成29年3月30日

6 指定取消しの理由
(1)指定訪問介護
◯不正請求(法第77条第1項第6号)
実際にサービスを提供していないにもかかわらず、サービスを提供したものとして虚偽の記録を作成し、居宅介護サービス費を不正に請求し受領した。

(2)指定介護予防訪問介護
◯法令違反(法第115条の9第1項第9号)
居宅介護サービス費の不正請求が認められた訪問介護事業と同一の体制で運営されていることから一体的に指定を取り消す。
(3)指定居宅介護支援
◯不正請求(法第84条第1項第6号)
指定居宅介護支援事業所の利用者に対し、次のとおり指定居宅介護 支援の事業の運営基準に適合しておらず、運営基準減算を行わなければならないことを知っていたにもかかわらず、居宅介護サービス計画費を減額せずに不正に請求し受領した。
居宅サービス計画の作成後、当該居宅サービス計画の実施状況の把握(利用者についての継続的な解決すべき課題の把握を含む。)を行っていなかった。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/04/03

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |