FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.03.31 (Fri)

典型的な障害者を食い物にする一族*西宮市のアドバンスグループ

ネコババした公金は父親に上納か アホ?

西宮障害者雇用支援センター協会理事長の父親が、「障害者らに報酬を支払った」と偽って同協会の金約5億円を私的流用していたとみられ、国税局は、父親への「給与」にあたると認定した。





アドバンスグループ

一般社団法人障害者雇用支援センター
代表理事 寺下勝廣(勝広)
西宮市青木町11-35

アドバンス株式会社
代表取締役 寺下典江 ⇒ 寺下勝廣の娘
西宮市中前田町8-16

NPO法人西宮障害者雇用支援センター協会
理事長 寺下篤史 ⇒ 息子か?
西宮市青木町11-35



5億円を私的流用か、兵庫のNPOに追徴課税 国税指摘

障害者らの就労支援事業を展開する兵庫県西宮市のNPO法人「西宮障害者雇用支援センター協会」(寺下篤史理事長)が大阪国税局の税務調査を受け、経費計上した約5億円が実際には理事長の父親に渡っていたとして、課税対象の「給与」と認定されたことがわかった。
協会は約5億円にかかる所得税の源泉徴収漏れを指摘され、重加算税を含めて約2億8千万円を追徴課税されたという。

協会は今年1月、西宮税務署から納税額の告知を受けたが、指摘を不服として3月に再調査を請求した。
協会のホームページなどによると、協会は西宮市や県などから河川敷や公共施設の清掃・除草業務を随意契約で請け負い、障害者ら約70人が働いている。

関係者によると、国税局は調査で、協会が2016年までの約6年間に計上した障害者らの人件費(臨時雇用者への雑給)などの経費のうち、約5億円が寺下理事長の父勝広氏に渡っていたと指摘。使途が不明で、私的流用された可能性が高いとして、勝広氏への給与と認定した模様だ。

また、勝広氏は協会の前身の社団法人の元代表で、現在も協会運営に関与している実態があることから、給与認定した約5億円にかかる所得税の源泉徴収義務は協会にあると判断したとみられる。

協会の設立は02年。勝広氏の娘が代表取締役の「アドバンス株式会社」と、勝広氏が代表理事の一般社団法人「障害者雇用支援センター」を含めた3団体で「アドバンスグループ」と称し、事業内容に障害者や高齢者の就労支援を掲げている。

協会の事業報告書によると、協会の収入の大半は自治体からの業務委託費で、国から障害者の就業訓練のための給付金も得ている。年間3億円超の収入のほぼ全額が公費とされる。

西宮市によると、グループへの業務委託は前身団体を含めると20年以上続き、少なくとも記録で確認できる08年以降は随意契約を締結。17年度は3月時点で、すでに約3億1千万円分の随意契約を交わしている。

協会側は取材の申し込みに対し、30日までに応じていない。


5億円脱税のNPO理事長が激白、障害者支援金にたかった政治家 5月2日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3443.html

障がい者支援NPO法人「5億円は私的流用でない」 5月12日
政治家に渡した ⇒ 税務署が再調査
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3460.html
西宮のNPO5億円流用 20年以上巨額随意契約

大阪国税局から約5億円の源泉所得税の徴収漏れを指摘されたNPO法人「西宮障害者雇用支援センター協会」。法人は西宮市から20年以上にわたって、随意契約で公園の清掃業務などを請け負ってきたが、市による立ち入り調査は行われておらず、市議会からも再三、チェック体制の甘さが批判されていた。

市との随意契約は法人の前身企業の1992年ごろから続いており、高齢者の雇用を確保する福祉施策の一環として実施。その後、系列2団体とともに、河川敷や公園の清掃など障害者事業も請け負うようになり、2008年度からの9年間で総額26億円の事業を随意契約で受けている。

業務の中には1件で5千万円を超える仕事もあり、特定団体と巨額の随意契約が20年以上にわたって続いていることに、議会からも「不透明だ」との声が上がっていた。市は「高齢者や障害者の安定的な雇用を図るため」と説明する。

ただ、12年の障害者総合支援法制定に合わせて、指導監督権限が県から市に移行した後も、法人から書面を提出させただけで、給与の支払い状況などを調べる実地指導は行っていなかった。市法人指導課は「市内には事業者が1200近くあり、順番に回っていく予定だった」と釈明する一方で、今回の問題を受け、「速やかに調査に入りたい」としている。

また、合わせて理事長の父親に対して住民税の追徴も検討。金額は数千万円規模になるとみられる。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/12

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

これは許しがたいことです。
障害者の父兄にも、書面で報告をして欲しいと思います。そして今後どうするのか?このまま営業を続けていって貰わないと、こども達の働く場が確保されません。そのためにも、専門の第三者が入り、理事長を交替するのが望ましいと思います。
名無しさん |  2017.05.11(木) 16:04 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |