FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.11.12 (Tue)

宇治のNPO理事長逮捕へ 府警、介護給付費詐欺疑い NPO法人清和福祉会

京都府宇治市のNPO法人「清和福祉会」(清算中)が運営する障害者福祉事業所の介護給付費問題で、利用者に居宅介護サービスを提供したように装って介護給付費をだまし取った疑いが強まったとして、京都府警捜査2課と宇治署が12日、詐欺の疑いで、同会の理事長(58)=大津市=の自宅などを家宅捜索し、強制捜査に乗り出したことが、捜査関係者への取材で分かった。府警は容疑が固まり次第、近く理事長を逮捕する方針。

捜査関係者によると、理事長は2009年ごろ、同会の運営する宇治市の障害福祉サービス事業所「支援センターやすらぎ」が数十人の障害者や障害児に対し、介護給付費の対象になる居宅介護サービスをしたように装い、宇治市などから介護給付費計約900万円を詐取した疑いが持たれている、という。

京都新聞社が各自治体に取材したところ、12日までの判明分で、同会は前身の合同会社時代を含む06年8月~12年7月の間に、宇治市や京都市、城陽市、奈良市など7市町から居宅介護や移動支援事業などの名目で計約7540万円を不正受給していた疑いがある。キャンセルされたにもかかわらずサービスを提供したように装ったり、家族が世話をしているのにヘルパーが介護したように偽装したうその書類を各自治体に提出する手口で、架空請求を繰り返していたみられるという。

7市町は、加算金を含め計約9220万円の返還を同会に求めているが、回収額は約2480万円にとどまっている。

登記簿などによると、NPO法人は09年5月に設立された。「やすらぎ」を拠点に、障害者や障害児を対象に居宅介護や移動支援などの福祉サービス事業を展開していた。

府は、架空請求を告げる情報提供を受け、2010年11~12月に同会を監査し、翌年7月に改善勧告した。
Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |