FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.05.02 (Tue)

町田市の障害者授産施設で火事

社会福祉法人共働学舎

桜ヶ丘共働学舎








福祉施設で火事、石けん作りの廃油に引火か

1日夜、東京・町田市の障害者福祉施設で火事があった。施設からは激しく炎が上がり、周辺は一時、騒然となった。

警視庁などによると、1日午後11時すぎ、町田市の障害者福祉施設「桜ヶ丘共働学舎」から出火。火は約5時間半後に消し止められたが、この火事で木造の平屋建ての建物約130平方メートルが焼けた。ケガ人はいなかった。

施設では1日、障害者や職員ら20人近くで廃油を使った石けん作りをしていて、午後6時には園長が施錠し、全員帰宅したという。警視庁は廃油が何らかの形で引火した可能性があるとみて調べている。




障害者福祉施設で火災 放火の可能性も・・・

東京・町田市で1日夜、人がいなくなった障害者福祉施設から火が出て作業場の半分が焼け落ちた。放火の可能性もあるとみられている。

警視庁などによると、午後11時すぎ、町田市小野路町の社会福祉法人共働学舎が運営する木造平屋建ての作業場から火が出た。火は2時間半後にほぼ消し止められたが、255平方メートルのうちほぼ半分が焼け落ちた。

1日は二十数人の障害がある入所者が石けん作りなどを行っていたが、午後6時には機械を止めて施錠したうえで近くのグループホームに帰宅していて、火事があった際には人はいなかった。警視庁は放火の可能性もあるとみて、2日朝から実況見分を行う方針。




1日夜、東京・町田市の障害者などが通う授産施設で火事があり、警視庁が出火原因を調べている。施設には当時、人は不在だったと見られ、けが人はいなかった。

警視庁によると、火事があったのは、町田市小野路町の障害者などが通う授産施設、「桜ヶ丘共働学舎」で、1日夜11時すぎ「建物が燃えている」と近所に住む男性から消防に通報があった。

火は、2時間半後にほぼ消し止められたが、木造平屋建ての施設のうちのおよそ半分にあたる130平方メートルが焼けた。

この施設には、日中、障害者などおよそ20人が通い、せっけんや菓子などを作っていて、施設側は「午後6時ごろに鍵を閉め、夜間は誰もいなかった」などと話しているということで火事によるけが人はいなかった。警視庁が出火原因を調べている。




桜ヶ丘共働学舎



サイトを見ようとグーグルで検索して



クリックすれば ・・・


ご愁傷様です

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/02

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |