FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.05.05 (Fri)

越谷市の2事業者指定取り消し

彩和株式会社
代表者 松山和彦

グループホーム千代の夢
埼玉県越谷市恩間新田383番地1




株式会社 飛鳥
代表取締役 土井千代
埼玉県越谷市袋山249-8

グループホーム飛鳥の夢 大道
埼玉県越谷市大道165


介護報酬を不正受給 越谷市の2施設、今月中に運営終了へ

越谷市は、介護報酬を不正に受け取ったとして、市内の二カ所の認知症高齢者向けグループホームを運営する事業者二社に対し、来月1日付で事業者指定を取り消すことを決めた、と発表した。両施設で生活している入居者計30人は今後一カ月間で、別施設などを探して移らなければならなくなった。

この施設は、株式会社「彩和」が運営する「グループホーム千代の夢」(越谷市恩間新田)と、同「飛鳥」が運営する「グループホーム飛鳥の夢 大道」(同市大道)。いずれも今月末までは運営できる。入居者は介護を受けつつ、自身で身の回りの世話ができる人が多いという。

市によると、両社は2013年から昨年9月にかけ、各施設に勤務する介護職員らの人数が基準より少ないのに、基準を満たしているように偽って介護報酬を市に請求。彩和は計約5千万円、飛鳥は計約4千9百万円を不正受給したとされる。両社とも市の調査に事実を認めた上で、「意図的ではなかった」との趣旨の説明をしているという。

指定が取り消されるのは、「認知症対応型共同生活介護」と「介護予防認知症対応型共同生活介護」のサービス。市は両社に対し、入居者が移る施設の確保を求めるとともに、「行き場のない人が出ないよう、市が支援する」としている。不正請求については2年間の時効があるが、市は、時効以前の不正受給分も含めて返還を求める方針。

市によると、昨年に両施設の職員不足を指摘する情報が寄せられ、市が監査を実施した結果、不正受給が判明した。 


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/05

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |