FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.07.21 (Fri)

今度は施設で殺人事件か

医療法人新淡路病院



背中に包丁刺さった状態で
障害者施設入所男性の遺体発見、同じ施設の入所男性から事情聴く

21日午前1時55分ごろ、兵庫県洲本市上加茂の障害者生活訓練施設「オカピ」の2階居室内で、入所者の男性が背中に包丁が刺さった状態で死亡しているのを同施設に入所する男性が発見、110番した。

兵庫県警洲本署によると、死亡した男性は50歳代で、2人部屋の居室のベッドの上でうつぶせの状態で倒れていたという。同じ時間帯に60歳代の別の入所者の男の行方が分からなくなっており、同署員が周辺を捜索したところ、施設から約1キロ北の路上を歩いているのを発見。犯行をほのめかすような供述をしたことから同署に任意同行し、殺人容疑で慎重に調べを進めている。

同署によると、施設には2人部屋が9室あり、18人の男女が入所。遺体を発見した男性は、物音がしたので部屋の様子を見に行ったという趣旨の話をしているという。事件当時、当直の男性職員が1人いたが、異変には気づかなかったという。


精神障害か? 男は統合失調症

21日午前1時55分ごろ、兵庫県洲本市上加茂の精神障害者支援施設「オカピ」で、入所している男性から「殺人事件です」と110番があった。駆けつけた兵庫県警洲本署員が、2階居室のベッドで50代の入所者の男性が背中に包丁が刺さった状態で死亡しているのを見つけた。同じ時間帯に60代の入所者の男の行方が分からなくなっており、周辺を捜索したところ、約1キロ北の路上を歩いているのを発見。関与をほのめかしたため、殺人容疑で事情を聴いている。

洲本署によると、施設は精神疾患がある患者の日常生活を支援しており、2人部屋9室に18人の男女が入所。事件当時、当直の男性職員が1人いたが、異変には気づかなかったという。

現場は洲本市役所の北西約2.4キロで、田んぼの中に住宅が点在している地域。近くに住む70代の男性は「夜に騒がしいことはなく、朝起きたらパトカーが来ていて何があったのかと驚いた。普段は入所者との交流はなく、特にもめごとなどは知らない」と話していた。



兵庫県警が殺人事件として捜査。入居者の60代の男の行方が分からなくなっており、約50分後、北に約1・5キロ離れた市内の路上でこの男を見つけた。県警は男が事件に関与した疑いが強いとみて、任意で事情を聴いている。



入所者の60歳代の男が「殺した」などと話しており、同署は殺人容疑で逮捕状を請求した。
男は当初、行方が分からなくなっていたが、午前3時頃、施設の北約1キロの路上で署員が発見。その際、殺害を認めたという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/07/22

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |