FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.07.29 (Sat)

シートベルトは自分の命を守るもの

高齢者や障害者には
運転手や添乗員がシートベルトの着用を促しなさいよ



社会福祉法人玉名市社会福祉協議会
熊本県玉名市岩崎88-4





28日午前、玉名市岱明町の県道で、高齢者が乗ったマイクロバスと乗用車が衝突し、マイクロバスに乗っていた女性7人が重軽傷を負った。

午前9時半ごろ、玉名市岱明町大野下の県道長洲玉名線で、玉名市社会福祉協議会のマイクロバスと対抗してきた乗用車が衝突した。マイクロバスは、近くの温泉施設に向かう途中で、運転手のほか、76歳から91歳の高齢の女性、7人が乗っていた。

玉名市社会福祉協議会などによると、7人全員が病院に運ばれ、このうち91歳と83歳の女性が背骨を折るなどの重傷だという。全員意識はあるという。また双方の運転手にけがはなかった。警察は双方の運転手から詳しく話を聞くなどして事故の原因を調べている。




>社会福祉協議会はシートベルトをつけるようお願いはしている
72歳の運転手は ・・・

車と高齢者を乗せたマイクロバス正面衝突 

玉名市で高齢者7人を乗せたマイクロバスと乗用車が正面衝突し、重軽傷を追った。
「マイクロバスは、すべての座席にシートベルトが備えられているが、消防の話では、けがをした全員がシートベルトを締めていなかったという。」

警察と消防によると28日午前9時半過ぎ玉名市岱明町の県道112号線通称長洲玉名線でマイクロバスと乗用車が正面衝突した。

この事故でバスの後方に乗っていた91歳の女性が背骨を骨折し頭を15針縫う大けが。
88歳の女性も頭などを打って重傷。
ほかに70代から80代の女性5人が軽傷。
乗用車の18歳の男性とバスを運転していた72歳の男性にけがはなかった。

このマイクロバスは玉名市の社会福祉協議会が所有しているもので、玉名市の依頼を受け岱明町の高齢者を温泉に送迎していた。
社会福祉協議会ではシートベルトをつけるようお願いはしているということだが、消防の話ではけがをした全員が着用していなかったと見られている。


33_fvv9t.jpg

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/07/29

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |