FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.05 (Sat)

佐賀大学医学部附属病院*20代男性看護師が同僚のキャッシュカードを盗んで・・・

カード盗み10万円、佐大附属の看護師を懲戒解雇

佐賀大学は4日、医学部附属病院の20代男性看護師が、病院内の更衣室ロッカーから同僚のキャッシュカードを盗んで現金10万円を引き出したとして、懲戒解雇処分にしたと発表した。処分は7月27日付。

大学によると、看護師は5月19日と24日の2回、ロッカーにあった同僚の財布からキャッシュカードを抜き出し、病院内の現金自動預払機(ATM)から5万円ずつ引き出した。

同じロッカーで5年ほど前から現金が盗まれる事件が続き、昨年10月に防犯カメラを設置していた。ATMの防犯カメラの映像や出金記録と併せ、看護師の関与が特定された。

看護師と同僚は友人関係で、知っていた携帯電話の暗証番号などからキャッシュカードの暗証番号を類推したという。ロッカーは共有で、鍵はかかっていなかった。大学の聴取に、看護師は現金を引き出したことを認めているという。同僚は被害届を出していない

山下秀一病院長は「綱紀粛正に努め、ロッカーに施錠するよう指導していく」と話した。


佐賀大学医学部附属病院の20代の男性看護師が、更衣室のロッカーで同僚のキャッシュカードを抜き取って現金を引き出したとして、懲戒解雇処分となった。

佐賀大学によると、この男性看護師は、今年5月、病院内の更衣室のロッカーで、同僚の男性看護師の財布からキャッシュカードを2度抜き取り、病院内のATMで現金あわせて10万円を引き出したという。

警察などの調べで、ATMの防犯カメラの映像などから男性看護師の犯行と特定された。ロッカーはその都度暗証番号を設定して鍵を閉めるものだったが、被害にあった同僚は普段鍵を閉めずに使用していた。また、男性看護師は、友人関係で知り得た情報からキャッシュカードの暗証番号を割り出したという。

男性看護師は、同僚看護師に返金したが、佐賀大学は?反省の色が薄い?などとして懲戒解雇処分とした。会見で山下病院長は「病院の信用を失墜させることで非常に残念。綱紀粛正に努め、ロッカーには鍵をかけるように指導していく」と述べました。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/08/05

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |