FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.09.16 (Sat)

中坊の飽食か?不味いから食べ残すのか?もう食育なんて不要

こんな学校給食で食育なんて不要!
学校給食を廃止して手弁当にしなさい!


不味いから食べ残すのか    異物混入も

yyh7_k206.jpg

「まずい給食」に虫や髪の毛などの異物…町調査

神奈川県大磯町が業者に委託している町立中学校2校の学校給食で、昨年1月以降、虫や髪の毛、ビニール片などの異物が計約100回見つかっていたことが町の調査でわかった。

給食を巡っては、以前から「味や見た目が悪い」などの声が相次ぎ、多い時で半分以上が食べ残される異常事態が続いていた。町は異物混入も食べ残しの一因とみて、業者から事情を聞くなどして、対応を検討している。

町の内部資料などによると、給食は東京都内の給食業者が同県内の工場で作って配送している。異物は町が給食制度を導入した昨年1月から今年7月にかけて、町立の国府中、大磯中の2校で出された弁当型の給食から見つかった。

食材発注と献立作りは、町職員の栄養士が担当。町は年間約3300万円で業者に製造を委託しているが、塩分を控えた献立で工場から配送される給食は、当初から「味が薄い」「おかずが冷たい」という指摘があった。




もう学校給食なんてヤメちまえよ!



クソ生意気な中坊やな



オマエさん ファミレスと勘違いしてんじゃね?

yyh7_k211.jpg





味や献立を指示しているのは大磯町



A級戦犯は
大磯町立中学校給食の事業者選定委員
小・中学校保護者4名(各校1名)
小学校栄養教諭
中学校養護教諭
町財政課長
町スポーツ健康課職員(管理栄養士)
教育部長
学校教育課長 以上、10名
※オブザーバーとして
平塚保健福祉事務所 生活衛生部(衛生管理等について)
東京地方税理士会平塚支部 税理士(経営状況等について)





神奈川県大磯町の2つの町立中学校の給食で大量の食べ残しが続いている。なぜこのような事態になっているのか。

■神奈川・大磯中学校。お昼過ぎ、クラスは給食の時間を迎えた。この学校の給食は、県内の給食業者に調理と配送を委託する“デリバリー方式”を採用している。
■この日のメーンは、カレー風味に味付けしたイワシの団子。副菜はほうれん草とじゃこの和え物や大豆の五目煮だった。
■みんな、おなかが空いていると思いきや、あまり箸がすすまない生徒も―
■生徒ら「まだおいしい方だよね」「うーん、でも昨日よりは良かった」
■ごはんやおかずを残している生徒も多く、給食を食べきらず、早々に片付けを始めてしまう子どももいた。空になった器もあるが、中にはほぼ手つかずのものも。
■いま大磯町内の大磯中学校と、同じ給食を食べる国府中学校で、“生徒たちが給食を大量に食べ残す”という異常事態が起きている。
■今年、PTA関係者によって撮影された国府中学校の1クラス分が食べ残した給食の写真では、36食のうち、きれいに平らげているのは、たったの3食だった。
■大磯町によると、今年5月からの2か月間の食べ残しの割合を示す「残食率」は、平均で26%。全国平均の6.9%と比べても突出して高い数字だ。
■最も高かったのは、「てりやきハンバーグ」が提供された5月末。この日は55%にまでのぼったという。
■生徒ら「実際おいしいとは言えないですね。冷めていたり、味のバランスがだめだったり」「中学生が好むような味付けにしてほしいと思います」
■2校の給食は、県内の給食業者に調理と配送を委託しているが、味や献立を指示しているのは大磯町だ。
■生徒たちは、なぜ給食を残すのだろうか。そこには、町が決めた“ある理由”が関係していた。
■大磯町教育委員会・仲手川教育部長「今『食育』の必要性がさぐられていて、体に大事な栄養素をバランス良くとることがどういうことかというのを、給食を通じて身につけていただく」
■子供たちの健康のために給食に「食育」を導入し、塩分などを抑えたメニューにしたためだという。また、給食が冷たい理由については、衛生上の理由から19℃以下で運搬しているためだという。
■給食を作っている業者「食べ残しが多いことは、大変残念に思っている。教育委員会と協力して、残食率が減るように改善していきたい」
■町は今後、温かい汁物の導入や、弁当を持参できる選択制なども視野に入れて、検討するとしている。

大磯町立中学校給食・調理配送等委託事業者との契約締結について【経過概要】
□契約事業者
神奈川県相模原市緑区橋本台一丁目20番7号
エンゼルフーズ株式会社 代表取締役 古賀 隆介
※事業者の概要、実績、給食の管理体制等については、※「参加申込書」を参照

選定までの経過
①事業者の募集(平成27年7月6日から7月24日)
参加申込書の受理 2社
③教育委員会事務局による第一次審査(書類審査) 平成27年7月末
④調理配送等委託事業者選定委員会による第二次審査①(プレゼンテーション・ヒアリング審査)
平成27年8月23日
⑤同、第二次審査②(事業所調理場視察・委員協議) 平成27年9月29日
⑥同、契約候補者の選定 平成27年9月29日
⑦契約候補者の決定(教育委員会定例会) 平成27年10月15日
⑧契約の締結 平成27年10月30日

調理配送等委託事業者選定委員会
【委員】小・中学校保護者4名(各校1名)
小学校栄養教諭
中学校養護教諭
町財政課長
町スポーツ健康課職員(管理栄養士)
教育部長
学校教育課長 以上、10名
※オブザーバーとして
平塚保健福祉事務所 生活衛生部(衛生管理等について)
東京地方税理士会平塚支部 税理士(経営状況等について)

【第1回選定委員会】
○日 時 平成27年8月23日(日)午後2時~5時
○会 場 大磯町役場本庁舎4階第1会議室
○委員会次第
議題1:事業者によるプレゼンテーション及びヒアリング審査
議題2:その他
【第2回選定委員会】
○日 時 平成27年9月29日(火)午前9時~午後4時
○会 場 事業者調理場及び大磯町役場本庁舎4階第1会議室

○委員会次第・スケジュール
調理場視察:調理場説明・試食・質疑応答
議題1:調理場視察における意見交換
議題2:オブザーバーによる所見
◇食品衛生管理について(平塚保健福祉事務所)
※「食品衛生監視票」に基づき所管保健所の指摘事項を説明
・各事業所に1~2点の指摘があるものの、すでに改善されたことを確認
◇経営状況等について(税理士)
※「本事業にかかる経費の確保」「経営状態の健全性」「会計処理の適切性」についての報告書を説明
・各事業所とも「特段の問題はない」ことを確認
議題3:採点及び集計結果まとめ ※採点シート集計表を参照
議題4:その他
・選定委員会での決定後、委託事業者や行政に期待すること等について各委員よりコメントをいただいた。

【委託事業者等に期待すること(選定委員コメント)】
委員1
給食の安全安心は当たり前のことだが、学校給食を町が実施するということ、その委託を事業者が受けるということの責任は決して小さくない。社会で子どもを育てるという一つの表れだと思う。ぜひ、使命感を持って、子ども達の具体的な「顔」を思い浮かべて、今後の準備作業を進めていって欲しい。委託事業者と良いコミュニケーションを取りながら、子ども達のために頑張っていただきたい。

委員2
給食がスタートする。これは一つの始まりであって、町としての責務は今後も重要な点となる。より良いスタートが切れるようにしてほしい。3年後、より良い状態で子ども達が給食を食べていけるような環境づくりを行なっていただきたい。

委員3
委託事業者との契約に基づいて検査、チェックをしっかりとしていきたい。3年後、より良い形で給食が継続して行けるよう進めていきたい。

委員4
事業者の担当の方が最後に、「自分の子ども達に食べさせる気持ちで作ってください」と従業員の方々に常々言っている、と言われた。その気持ちを忘れず給食を作り続けていって欲しい。

委員5
設備面や基本的なところで差異がなければ、あとは働いている方、人が作り出すものという視点が大事だと思った。人の思いが重要。3年後にも期待したい。

委員6
衛生面・安全面はもちろんだが、学校給食であるので、子ども達がどんな人が給食を作っているのか、愛情を感じるものであって欲しいというのが、最終的に決めたところだった。作っている調理員の方が、「自分の子どもに食べさせる思いで」というのが心に残った。今は、自分の親の弁当だが、給食開始後も愛情を感じるような食事であって欲しいと思う。

委員7
安全でおいしいが基本、事業者さんは幼稚園給食など、いろいろと経験がありノウハウも持っているので、それを活かして実施していただきたい。課題はまだあると思うがしっかりやって欲しい。

委員8
子ども達にとって安全安心な給食が一番なので、事業者さんが一生懸命、愛情を込めて、ということでやってくださるだろう。そのことに関しては、わたしたちも子ども達に伝えていかなければならないと思った。栄養士、学校、事業者さんと協力してより良い形でやっていきたい。

委員9
委員の皆さんが調理場を視察され、自信を持って選ばれたと感じる。中学校給食に対しては生徒や保護者にもいろいろな意見がある。生徒が喜んで食べてくれれば、皆納得してくれるのではないか。委託業者としても高い意識を持って調理・配送業務を担って欲しい。事業者が決まって終わりではなく、実施しながらも、より良い給食を提供できるようなことを引き続き考えていかなければならない。その点でも業者には前向きな姿勢を持って、協力関係を持ちながら、より良い給食にしていって欲しい。
http://www.town.oiso.kanagawa.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/25/sentei-keika.pdf


大磯町立中学校給食・調理配送等業務委託事業者選定委員会 採点シート集計表
http://www.town.oiso.kanagawa.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/25/saitensi-to.pdf
保存した http://megalodon.jp/ref/2017-0916-0926-12/www.town.oiso.kanagawa.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/25/saitensi-to.pdf






保存した http://megalodon.jp/ref/2017-0916-0919-55/www.town.oiso.kanagawa.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/25/sankamosikomi.pdf
参加申込書(エンゼルフーズ)
http://www.town.oiso.kanagawa.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/25/sankamosikomi.pdf

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/09/16

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |