FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.12.28 (Thu)

これを福祉を食い物にしていると言う ⇒ 島根県の訪問介護事業所

株式会社 エー・サポート
代表取締役 足立孝之
安来市古川町135番地


訪問介護事業所の所定取り消し

雲南市の訪問介護事業所が、事実と異なる事業記録を作成し、介護報酬300万円あまりを不正に受給したとして、県は、この事業所の指定を取り消す行政処分を下しました。
指定取り消しの行政処分を受けたのは、雲南市の訪問介護事業所、「ゆかり園」です。
県によりますと、ゆかり園は、去年7月からことし3月にかけて介護報酬の請求書に事実と異なる記録を記載して300万円あまりを不正に受け取ったということです。
ことし2月、ゆかり園の内部から県に通報があり、請求書を調べたところ、職員が勤務していない日に勤務をしたことにしたり、同じ時間帯に複数の利用者への介護サービスを行ったことにしたりするなど、不正な請求は1079件に及んでいます。
県の調べに対して、事業所の管理者は、「ミスが重なったもので、悪意はなかった」と不正を否定していますが、県は介護保険法に違反しているとしてゆかり園の指定を27日付けで取り消しました。
保険者である雲南広域連合は、今後、ゆかり園に対して報酬の返還を求めていくことにしています。
県高齢者福祉課の稲田勝課長は、「介護保険制度は利用者にとってなくてはならない制度なので、事業者が適切な対応をするよう県としてしっかり監督していきたい」と話していました。


介護報酬300万不正受給、事業所指定取り消し 島根

島根県は27日、介護報酬約300万円を不正に受給したとして、同県安来市の介護保険事業会社エー・サポートが運営する「訪問介護事業所ゆかり園」(同県雲南市)の指定を取り消した。

県によると、平成28年7月~29年3月、実際には働いていない時間帯にヘルパーが訪問介護したと報告するなどして、介護報酬約300万円を不正に受給した。

29年2月に内部通報があり、県が調べていた。返還の意思があるため、刑事告訴はしない。



訪問介護事業所の指定の取消しについて

1 対象事業者
(1)法人名 株式会社 エー・サポート
(2)代表者 代表取締役 足立 孝之
(3)所在地 安来市古川町135番地
2 対象事業所
(1)事業所の名称及び事業の種類 
   事業所の名称 訪問介護事業所 ゆかり園
   事業の種類  訪問介護・介護予防訪問介護
(2)所在地 雲南市三刀屋町下熊谷1675番地2
(3)指定年月日 平成27年5月1日
3 処分内容及び処分理由
(1)訪問介護事業所ゆかり園
 ア 処分内容
   指定の取消し
 イ 指定取消年月日
   平成29年12月27日
 ウ 処分理由
 ① 不正請求(介護保険法第77条第1項第6号)
(ア)訪問介護員が出勤簿に記載のない時間帯に訪問介護を提供したとして、介護報酬を請求し受領したこと。
(イ)一人の訪問介護員が同日の重複する時間帯に複数の利用者に訪問介護を提供したとして、介護報酬を請求し受領したこと。
(ウ)訪問介護サービスの提供実績を記載した記録がないことを認識していたにもかかわらず、介護報酬を請求し受領したこと。
 ② 虚偽報告(第77条第1項第7号)
事実と異なる内容のサービス提供記録を県の検査時に提出し、虚偽の報告を行ったこと
(2)介護予防訪問介護事業所ゆかり園
 ア 処分内容
   指定の取消し
 イ 指定取消年月日
   平成29年12月27日
 ウ 処分理由
   法令違反(介護保険法第115条の9第1項第9号)
   介護予防訪問介護と一体的に行っている訪問介護において、介護給付費の請求に関する不正が行われた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/12/28

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |