FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.01.30 (Tue)

理事長や管理職を辞めさせても ⇒ 悪の残党が存在している

行政指導
行政機関が一定の行政目的を達成するために
企業や団体などに対して勧告・助言など法的強制力を持たない手段により協力を求めて
望ましい方向へ同調させる行為

勧告
ある事をするように説きすすめること
行政機関が参考として提出する意見

度重なる虐待事件を起こすハピネスさつま

体質改善が見られない

障害者虐待が常態化 県が指導・勧告

入所する知的障害者への暴行、傷害容疑で職員2人が逮捕された兵庫県加古川市の障害者支援施設「ハピネスさつま」で、2013年以降、障害者を閉じ込める虐待が複数発生していたことが県などへの取材で分かった。

県による改善勧告や文書・口頭指導は計7件に上っていた。県は「体質改善が見られない」として昨年12月、施設の運営法人「博由社」(明石市)に対して理事長らの退陣を勧告。これを受け、法人は全理事6人のうち理事長を含む4人を交代した。

厚生労働省によると、障害者虐待で理事の大幅入れ替えまで求めるのは異例。過去には、職員による暴行で入所する少年が死亡した千葉県立障害者支援施設「袖ケ浦福祉センター」で、幹部が交代したケースなどがあるという。

県などによると、13年に監査に入った際に入所者がいる居室を施錠する虐待が常態化していることが発覚し、県が改善勧告した。だが、昨年9月中旬にも、職員が知的障害者の女性を広さ2畳程度の台所に誘導してドアを閉め、約5分間施錠した。台所は内側からもつまみで解錠できたが、県は虐待に当たるとして文書で指導した。

ハピネスさつまでは、昨年3月に入所男性への暴行容疑で職員が、昨年11月には同じ入所男性への傷害容疑で別の職員が逮捕された。博由社は82年に設立され、加古川、明石などで障害者用や介護用の施設計7カ所を運営している。ハピネスさつまは05年開所で、定員55人。



理事長 山村博平 平成26年6月就任

理事長 長井一視  特別養護老人ホーム透鹿園:元施設長 


現況報告書 (平成29年4月1日現在)
 現況報告書等のダウンロードはページ下部
http://goo.gl/FLD7CT


理事さん達の報酬 すげーな  理事全員の報酬等の総額 27,726,000円 
っていうか 理事長がたくさん貰っていたりして ・・・
拡大
http://goo.gl/FLD7CT
全理事6人のうち理事長を含む4人を交代

問題は
最悪な職場は
辞めてもらいたい人は残り
辞めて欲しくない人が去る


どうでもエエ支援員が問題を起こす
ってこと


昨年事業運営に係った公費 1,858,573,200円


法人所轄庁からの報告徴収・検査への対応状況

所轄庁から求められた改善事項


実施した改善内容

改善さてないわ
もうメチャクチャ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/01/30

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |