FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.02.09 (Fri)

福井県敦賀市立松原小学校*心の傷

日本教職員組合の加入率が高い福井県

この事件とは関係がない?

小学校担任から嫌がらせ 教諭が児童に謝罪

福井県敦賀市立松原小学校(河原英明校長)の児童が担任の男性教諭に繰り返し嫌がらせを受けているとの相談が市教委に寄せられた問題で、教諭が児童に対して事実関係を認め、「先生の指導によって悲しい思いをさせた」などと謝罪したことが8日、市教委への取材で分かった。

市教委と学校によると、2日に謝罪し、児童には問題がなかったことを伝えた。児童は現在、別教室で授業を受けている。

また教諭は5日には、担任クラスの他の児童らにも事実関係を説明したうえで、指導の失敗を認めて謝ったという。市教委学校教育課は取材に対して「児童の側に立った教育を行うよう学校と教諭に指導・助言を継続する」と話した。

この問題については、市議会も臨時の文教厚生常任委員会を開くなどして調査を進めている。


この子は大人になってもトラウマが残る

教諭が女子児童に暴言、嫌がらせ 2018年1月23日
福井県敦賀市立松原小学校(河原英明校長)の40代男性教諭が特定の児童に対し暴言や嫌がらせを繰り返しているとの相談が保護者らから寄せられ、市教委が学校や教諭への調査・指導に乗り出したことが22日、分かった。同小も「(指導に)不適切な点があり、対応に当たっている」と認めた。

市教委や関係者によると、この教諭は6年生の学年主任。被害に遭っていたのは女子児童(12)で、嫌がらせや暴言は、昨年春に始まり、同6月ごろからひどくなったという。教諭は、女児が話しかけても無視し続けたほか、社会の授業で質問に答えるよう立たせた上、女児が答えられないとそのままにし、授業終了後に「お前、何でそんなところに立ってるんや」と暴言を浴びせたこともあった。女児は何度も泣いて帰宅することがあり、登校を嫌がって休むこともあったという。

同小は、6月ごろに保護者から電話で相談が寄せられ、問題を把握。その後も電話や直接の訪問などで何度か相談が寄せられ、対応に当たったというが改善されず、先月下旬、市教委にも相談が寄せられた。

市教委は、すぐに事実関係を確認。男性教諭と校長、教頭に注意した上で、今月から職員が授業を参観するなどの対応に乗り出した。市教委学校教育課は「子供の心を傷つける対応があってはならず、学校と教諭に現在、指導している」としている。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/02/09

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |