FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.02.25 (Sun)

誰が裁いてくれるの?

今回の事件
事の発端は長崎放送局が
長崎県の「政治とカネ」の実態を調べようと
県内の政治団体が毎年選挙管理委員会に提出している収支報告書のチェックを始めた
議員の後援会などを中心に調べていて
おかしな支出入がないか確認を進めていたところ
ある団体の収支報告書に
「なぜ 個人献金をした人がほぼ全員同じ肩書なのだろうか」
一般的には「会社役員」や「自営業」の肩書が多いのに
この団体に個人献金をしたほぼ全員のおよそ100人がみな「施設職員」だった!


長崎県議会の議員が理事長を務める社会福祉法人が、運営する施設で働く職員から毎月の給料日などに職場で寄付を集めて議員に献金をしていたことが、NHKの取材で明らかになった。複数の職員や元職員が「職を失うのが怖くて断れなかった」などと証言する寄付集めは、20年以上前から続けられていて、職員から集めた寄付はおよそ2億円にのぼると見られる。取材を進める中で見えてきたのは社会福祉法人が議員に“私物化”され、政治活動に利用される実態だった。
(長崎放送局記者 馬場直子 安井俊樹)




集まった金額は平成27年の1年分だけでもおよそ950万円。地方議員でこれだけ多額の寄付を集める人はほとんどいない。

団体の代表の名前を確認すると、長崎県議会の宮内雪夫議員(84)の名前があった。宮内議員は当選12回を数える大ベテランで、県議会議長を2度経験し、自民党長崎県連の副会長も務めている。
長崎県佐世保市に本部を置く社会福祉法人長崎博愛会の理事長でもあり、特別養護老人ホームなど3つの施設を運営している。




もしかして、と思い、寄付した複数の人の名前を調べると、やはり宮内議員が理事長を務める社会福祉法人が運営する施設の職員と一致した。およそ100人の「施設職員」はおそらくその施設で働く人たちだろう、と推測した。

しかしここである疑問が湧きます。
福祉・介護分野の現場で働く人の人材確保の必要性が指摘される一方、他の産業に比べて給与水準が低く、処遇改善は大きな政策的課題となっている。それなのに、毎月数千円、年額にして10万円近くになる献金を自分から進んで行うだろうか。
もしかすると何か断れない事情があってしかたなく寄付しているのかもしれない。
疑問をもった私たちは詳しく調べてみることにした。



まず収支報告書を改めて詳しく調べると、およそ100人の「施設職員」が毎月同じ日に寄付をしていることがわかった。さらに7月と12月には、2回寄付をしている。

毎月の給料日とボーナスの支給日に寄付を集めている可能性があると考えた。しかし、政治献金は本来個人の自由な意思に基づいて、自分が好きな時に、好きな額を寄付するもの。違和感は強まる一方だ。

さらに県の公報で過去の寄付を確認すると、この団体が平成7年に設立され、これまでに2億円以上の個人献金を集めていたことがわかった。

寄付をした職員に事情を聞いてみる必要がある。
私たちは取材を始めた。収支報告書に記載があった氏名や住所から電話帳などを使って電話番号を調べ、1人1人電話をかけた。


寄付について詳しい証言をしてくれる人がでてきた。
取材に応じてくれた職員や元職員は、時折施設の運営のあり方に強い憤りを見せながら、寄付集めの実態を証言してくれました。
施設では幹部職員らが給料日に封筒を配って寄付を集めている
みんな払っているのでとても断れる雰囲気ではない
10年以上前から寄付を払わされている
事情もよく分からないまま寄付の申し込み書を書かされた
仕事を失いたくないので、しかたなく納めていた
寄付が遅れると幹部に催促された


政治資金規正法では、雇用関係などを利用して不当に意思を拘束して寄付をあっせんすることが禁止されている。
証言の通りなら法令に違反する可能性があると考え、さらに多くの関係者にあたり、20人近い人が意に反して寄付をしていたと証言した。


一連の問題について、法人側は一貫して「強制ではない」と主張

問題は寄付だけではなかった。
取材の中で、ある施設職員が実質的に議員秘書として活動しているという情報が複数の関係者から得られた。
そこでこの職員の勤務実態を可能な限り目視で確認すると、施設にいるはずの職員が朝7時すぎに後援会事務所に出勤してきて、そのまま夕方6時までずっと事務所にいるという状況が続いていることが確認できた。この職員の職場は、福祉施設ではなく、後援会なのではないかという疑問が強まった。

社会福祉法人の運営費のほとんどは介護報酬で賄われている。そのほとんどは保険料や公費などが原資。使用する目的は限られている。しかし、職員が議員秘書として活動しているのならば、宮内議員の法人は、施設の人件費を議員の秘書給与に充て、法人の資金を流出させていたことになる。
さらに施設の職員は宮内議員の政治活動にも動員されていた。

職員を議員の後援会活動に従事させるために地域ごとにグループ分けした体制表や、後援者を回る際の対応マニュアルなども独自に入手した。
職員らは、休みの日に後援者の自宅を回って選挙の投票の依頼をさせられたり、県議会議員選挙の選挙期間中に宮内議員の自宅に集められて支持を呼びかける電話かけをさせられたと証言した。後援者のあいさつ回りのノルマをこなせず、施設で幹部から注意されたという人もいた。

特別養護老人ホームや障害者支援施設の本来の業務に従事する中、貴重な休みを選挙運動にとられ、肉体的にも精神的にもつらかったと打ち明ける人もいた。

法人が理事長であり県議である宮内氏に私物化され、「団体ぐるみ」で政治活動が行われている実態が浮かび上がってきた。

証言した職員らは「このままでは職場環境は悪化するばかりで、施設を利用する高齢者や障害者に影響が出かねない」と、なんとかして施設の運営のあり方を変えてほしいと訴えた。

取材に応じたのは、理事長の宮内県議ではなく3人の施設の園長と法人の事務局長で、法人側は、職員からの寄付集めについて「強制ではない」と回答し、寄付集めをやめる気配は、感じられませんでした。

これでは取材に協力してくれた職員や元職員の思いに応えられません。私たちは、職員らの声を代弁する気持ちで、取材でつかんだ詳細な事実を示し、社会福祉法人として改善しないのか問いました。

施設長らは「今の話を聞くと、いちばんいいのは寄付集めをやめることだ。理事長にもそう伝える」と回答しました。

理事長の宮内議員は、直接取材に応じようとしませんでしたが、今月7日、県議会で記者が“直撃”すると「対応は弁護士に任せている」としつつも「寄付集めはもうやらない」と答えました。

また、法人側は、寄付のほかに、施設の職員が勤務時間のほとんどを議員の秘書としての活動に充てていたことも認め、今後は法人として政治に関することには一切関わらないという考えを示しました。



2月9日
長崎県議会議員が理事長を務める社会福祉法人が、運営する施設の職員から、給料日やボーナス支給日に職場で寄付を集め、議員本人の政治団体に献金していたことがわかった。
献金は少なくとも20年前から続き、複数の職員が「断れなかった」と証言していて、NHKの取材に対し、議員は献金を集めるのをやめる考えを明らかにした。

この社会福祉法人は、特別養護老人ホームなどを運営する長崎県佐世保市の「長崎博愛会」。
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3890.html

宮内雪夫84歳
長崎県議会議員+社会福祉法人長崎博愛会の理事長
20年間 施設職員100人から寄付献金⇒徴収

宮内雪夫後援会
政治団体 ⇒ 21世紀・ふるさとに元気をとりもどす会



2月11日
給料日やボーナス支給日に
施設の幹部らが封筒を手渡して寄付を集めていた!
また
3人の職員が議員の実質的な秘書活動をしていて、給与は社会福祉法人が支払っていた
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3894.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/02/27

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |