FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.05.10 (Thu)

新潟市の放課後等デイサービス*きととの森 ⇒ 指定取消し

株式会社心和会
代表取締役 桑野仁司
新潟市中央区八千代1丁目3番20号302


取り消しは
新潟市の放課後等デイサービス指定取り消し

新潟市は1日、中央区川岸町2の障害児向け放課後デイサービス施設「きととの森」が公金約167万円を不正受給したなどとして、同施設に対する事業者指定を6月1日付で取り消すと発表した。同施設は同日までに閉鎖される見通し。

市によると、同施設を運営する中央区八千代の株式会社「心和会」が昨年、同施設職員の賃上げ状況などを実情よりも高く市に報告。賃上げに積極的な事業者に支払われる公金「福祉・介護職員処遇改善加算額」を不正に受給したとしている。職員からの通報で発覚した。


加算算定によって義務化される職員の賃上げを完全に実施しなかった上、行政の監査でも虚偽の答弁をしたなどとして新潟市は、心和会が運営する放課後等デイサービス「きととの森」の指定を、児童福祉法に基づき取り消すと発表した。取り消しは6月1日付。

新潟市によると、「きととの森」では昨年4月から12月までの間、福祉・介護職員処遇改善加算を算定したにも関わらず、必要な額の賃金改善は行わず、不正に障害児通所給付費を受給し続けた。その一方、市に対しては加算以上の賃金の改善を実施したと報告した上、市の監査でも虚偽の答弁を行ったことから、指定取り消しに至った。

不正受給額は166万9950円。今後、新潟市では加算金も含め233万7930円の返還を心和会に求める。


取り消しは平成30年2月1日

平成30年1月5日
児童福祉法及び障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく行政処分について

このことについて、本日、下記のとおり、児童福祉法及び、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づき、指定障害児相談支援事業者及び指定特定相談支援事業者の指定を取消す行政処分を行いました。

1 事業所の概要
事業所名・所在地
相談支援事業所 くお~れ・ここ
(新潟市中央区川岸町2-7-3リバーステージ新潟1階)

法人・代表者
株式会社心和会 代表取締役 桑野 仁司

法人所在地
新潟市中央区下大川前通1ノ町1937-1

事業種別
障害児相談支援・特定相談支援

2 処分内容
指定障害児相談支援事業者及び指定特定相談支援事業者の指定の取消し

3 取消理由
(1)指定障害児相談支援事業所
障害児相談支援給付費の不正請求(児童福祉法第24条の36第1項第5号)及び不正又は著しく不当な行為(児童福祉法第24条の36第1項第10号)

管理者は障害児支援利用計画の作成を担当すべき相談支援専門員が既に退職し、一人も配置されていないにも関わらず、同法人が運営する放課後等デイサービス「きととの森」の職員に対し同計画を作成するよう指示し、利用児童保護者に対しその計画を交付させるなど、不正に障害児相談支援給付費を請求し受領した。このことは代表取締役も認識していた。
360,199円(障害児相談支援給付費の返還金合計)
(不正請求額 257,285円、加算金 102,914円)

(2)指定特定相談支援事業所
法令違反(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第51条の29
第2項第9号)

障害児相談支援給付費の不正請求が認められた障害児相談支援事業所と、同一の体制で一体的に運営されていることから併せて指定を取消す。

4 取消年月日
平成30年2月1日


ハロワの求人

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/05/10

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |