FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.02.27 (Tue)

別養護老人ホーム安寿の里*上司から虐待でなく事故だったと言え!

複数の施設職員が
上から虐待があったと言うなと言われた
回答に迷うと突っ込まれるので、事故だと言え

「虐待でなく事故と言え」 安寿の里職員、上司からの指示を証言

京都府宮津市由良の特別養護老人ホーム「安寿の里」の入所者17人が虐待を受けた疑いがある問題で、複数の施設職員が京都府や市の聞き取り調査に「虐待ではなく事故と言え」と上司から指示を受けたと証言していたことが26日、関係者への取材で分かった。府と市は、施設側が実態をどこまで把握していたかなどを調べている。

府と市は、虐待疑い事案が最初に発覚した直後の昨年12月16日から断続的に職員の聴取を続けている。

関係者によると、複数の職員が「上から『虐待があったと言うな』と言われた」、「『回答に迷うと突っ込まれるので、事故だと言うように』と言われた」などと答えたという。

2016年1月から相次いだ入所者のけがに関しては「施設が事故原因を十分に分析せず、『けがは職員の責任』という空気があった」、「事故を運営法人の香南会に報告していなかった」などと管理体制の甘さを指摘する声もあった。「ぎりぎりで人を回している」などとして人材不足や介護技術の未熟さに危機感を持つ職員も多いという。

香南会の橋本信一理事長は京都新聞社の取材に「(職員への口止めを)私自身は指示していないし、あったと聞いていない。法人への事故報告も随時行われている」と否定した。25日に開いた説明会でも「事故」として謝罪している。

京都府が告発状
京都府は26日までに、17人の虐待疑い事案の一部に関する告発状を宮津署に提出した。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/10/17

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |