FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.09.25 (Wed)

医療法人司命堂会 ⇒ 希望の森の不正受給

医療法人社団 司命堂会 介護老人保健施設希望の森
開設者 理事長 笹沼鉄郎



介護報酬7億円不正受給 横浜の老人保健施設

横浜市は25日、同市旭区の介護老人保健施設「希望の森」を運営する医療法人司命堂会が、介護報酬約7億5千万円を不正に受け取っていたと明らかにした。

市は医療法人に、時効が成立していない2017年6月~18年7月分の約1億5千万円について、加算金を含めて返還請求した。施設の新規利用者の受け入れを10月1日から1年間停止する行政処分も出した。

市によると、施設は13年4月~18年7月まで、医師の配置数が基準を満たしていなかったのにもかかわらず、実際には勤務していない医師の勤務表を提出し、介護報酬を不正受給していた。市は今後、刑事告発や告訴をするかどうか検討する。

施設側は「応援の医師がいたので問題ないと思っていた」と主張したが、詳しい勤務実態は確認できなかった。昨年5月、市に通報があり監査や聞き取りを進めていた。希望の森は「主張が認められなかったのは残念だが、市の方針には従う。現在の利用者に影響が出ないよう対応する」とするコメントを出した。


時効? フザケとんのか!
横浜市さんよ
過去 監査せえへんかったんか?

横浜市は25日、同市旭区の介護老人保健施設「希望の森」を運営する医療法人「司命堂会」が介護報酬約7億5千万円を不正に受け取っていたと明らかにした。市は法人に、時効が成立していない平成29年6月~30年7月分の約1億5千万円について、加算金を含めて返還請求。施設の新規利用者の受け入れを10月1日から1年間停止する行政処分とした。

市によると、希望の森は25年4月~29年7月まで、医師の配置数が基準を満たしていなかったのにもかかわらず、実際には勤務していない医師の勤務表を提出し、介護報酬を不正受給していた。刑事告発はしない方針。

施設側は「応援の医師がいたので問題ないと思っていた」と主張しているが、詳しい勤務実態は確認できなかった。昨年5月、市に通報があり、監査や聞き取りを進めていた。




介護施設7.5億円水増し請求か

横浜市にある介護施設が、医師の数を水増しして介護報酬を請求し不正に受け取っていたことがわかった。
受け取った額は7億5000万円あまりにのぼると見られ、横浜市は、施設を運営する医療法人に対し返還を求めるとともに、今後1年間、新規の利用者の受け入れを停止する処分を行った。

処分を受けたのは、横浜市旭区の介護老人保健施設「希望の森」を運営する、医療法人「司命堂会」。

横浜市によると、この施設は平成25年から5年あまり、法律で決められた医師の数を満たしているように装って介護報酬を請求し、不正に受給していた。
施設は、過去に勤務していた医師の名前を使って実態のないタイムカードや勤務表を偽造して医師の数を水増しして報告していたということで、不正に受け取った報酬の総額は7億5000万円あまりに上るとみられる。

横浜市は法律の時効にかからない過去2年分、1億5000万円あまりの返還を求めているほか、それ以前についても自主的な返納を求める。
施設には現在およそ150人の利用者がいるということで、市は、事業者の指定取り消しはせず、今後1年間、新たな利用者の受け入れを停止する処分を行う。

処分を受けた医療法人司命堂会は、「処分は重く受け止めており、市の方針にはしたがいたい。利用者に極力影響が出ないよう、職員一丸となって対応していく」とコメントしています。


職員一丸 って
バカ?
現場で働く職員は何ーも知らんのに
現場で働く職員が何かしたんか?
現場で働く職員が法律で決められた医師の数を満たしているように装って
介護報酬を請求し不正に受給したんか?
法人の上層部の問題やろ


介護保険法に基づく介護保険指定事業者の指定・許可の一部の効力の停止処分について 9月25日

横浜市は、介護保険法(以下「法」という。)に基づく監査を実施した結果、介護保険サービス等に関する著しく不当な行為及び不正請求が認められたため、次のとおり法の規定に基づき介護保険指定事業者の指定・許可の一部の効力を停止することを決定しました。

1 事業所の名称等
(1) 事業所の名称 介護老人保健施設 希望の森
(2) 事業所の所在地 横浜市旭区上川井町2968-2
(3) サービスの種類 介護老人保健施設(定員160)、短期入所療養介護、介護予防短期入所療養介護
(4) 指定年月日 平成22年2月1日
(5) 開設者 医療法人社団 司命堂会 理事長 笹沼 鉄郎

2 処分内容
(1) 処分内容 指定・許可の一部の効力の停止(新規利用者受入停止12か月間)
(2) 処分年月日 令和元年9月20日
(3) 処分期間 令和元年10月1日から令和2年9月30日まで

3 処分の理由
(1) 人員配置基準違反(介護老人保健施設の人員、施設及び設備並びに運営に関する基準 第2条第1項第1号)
医師について、入所者の数を100で除して得た数以上(平成25~26年度は1.4人、平成27~30年度は1.5人)を配置しなければならないにも関わらず、平成25年4月1日から平成30年7月31日まで間、医師の人員に関する基準を満たしていない。
(2) 不正請求(介護保険法第104条第1項第6号、介護保険法第77条第1項第6号及び第115条の9第1項第6号)
医師の配置基準を満たしていないにもかかわらず、減算(※)を行わないまま介護報酬を不正に請求し受領した。また、人員基準減算に該当する場合に、算定できない加算(サービス提供体制強化加算など計7つ)を算定し本来得ることができない介護報酬を受領した。
(※)人員配置基準欠如の状態で運営をした場合は、介護報酬は約3割少ない単位となります。
(3) 不正不当(介護保険法第104条第1項第7号、第77条第1項第7号及び第115条の9第1項第7号)
平成30年8月15日から実施していた監査において、平成25年4月1日から平成30年7月31日まで実際には勤務していない医師を含めた勤務実績を提出した。

4 介護報酬の返還額
不正に請求し、受領していた介護給付費について、法第22 条第3項に基づき、返還させるべき額に100分の40を乗じた額を加算して返還を求めます。
(1)総額 2億1782万4247円(介護給付費:1億5558万8748円、加算金:6223万5499円)
(2)返還期間 平成29年6月から平成30年7月まで

5 利用者について
本処分による介護老人保健施設「希望の森」の現入所者の処遇上の支障は生じません。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/04

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |