FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.09.17 (Tue)

障害者入所施設職員の久保正行66歳*懲役6年の実刑判決

障害者福祉施設の元職員に懲役6年の実刑判決 入所者の女性にわいせつ行為

大村市の障害者福祉施設で、入所者の30代の女性にわいせつな行為をした男に、長崎地裁は懲役6年の実刑判決を下した。
準強制性交等の罪で実刑判決を受けたのは、大村市の障害者福祉施設の元職員久保正行被告(66)。


障害者施設に入所している女性に対し2回にわたり性的な暴行を加えた元職員の男に長崎地裁は懲役6年を言い渡した。

判決によると諫早市多良見町の元福祉施設の非常勤職員久保正行被告(66)は、働いていた大村市の施設で去年11月と今年1月、入所する30代の女性に下半身を押し付けるなどのわいせつ行為をした。

これまでの公判で久保被告は「女性が自閉症であることを知らなかった」などとして無罪を主張していた。
小松本卓裁判長は「知的障害と自閉症の影響で性的行為の判断能力がほとんどなかった女性に対し、信頼関係を利用して犯行に及んだ。

また女性が抵抗感を持たないよう性的行為を教える内容の手紙を渡すなど非常に悪質で、1カ月半の短期間に2度の犯行に及んでいる」として求刑通り懲役6年の実刑を言い渡した。

弁護側は控訴について「被告人と相談して決めたい」としている。


入所者にわいせつ行為疑い 福祉施設職員の男逮捕 2019年2月7日
長崎県警大村署は6日、勤務先の同県大村市の福祉施設で女性入所者にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつの疑いで、長崎県諫早市多良見町化屋、福祉施設非常勤職員、久保正行容疑者(66)を逮捕した。容疑を否認している。

逮捕容疑は1月5日午前9時半ごろ、福祉施設で30代女性に下半身を押しつけるわいせつな行為をした疑い。大村署によると、施設側が2月4日、署に女性の被害を届け出た。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/09/26

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |